FC2ブログ
地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
73回目を迎えて




今年もまた8月15日がやってきますね。


毎年この時期になると当ブログでは満州へ出兵した
私の おやじ の話をさせていただいておりますが
今年は 私が20歳の時に体験したお話 をさせていただきますね。


それは寒い冬の日の話でね
友人と二人で鳥取へジープで旅行に出かけたんですよ。

雪深い山陰の鳥取でしたが
そこは四輪駆動の王様ジープ
なんの問題もなく無事鳥取へ到着。

若い頃だったので貧乏旅行でね
泊まった宿はユースホステル。
ユースホステルって現在でもあるのかな?

まぁ当時はとにかく旅に出たい一心であっちこっちいろんな所へ行ってましたし
寝袋ひとつだけ持って旅行したりしてた青春時代でした。

その時分の鳥取でのユースホステルで体験したお話です。


そのユースホステルは鳥取市内から車で30分ぐらい離れた山の中にあったと記憶しています。
雪もかなり積もってました。

が、36年前の話なんで正直、
どんな宿泊施設だったのか、詳細は覚えてないんです。

ただひとつ、今でも鮮明に記憶に残ってる言葉があるんです。




そこのユースホステルの管理人さんは
ご高齢のご夫婦で営まれていたご様子でした。

無事、宿泊施設に着いた友人と私は
お風呂に入って夕食も済ませ、ほっこりした時間を過ごしていました。

どうやら宿泊客は私達二人だけだったようでね
そのご高齢の管理人さんご夫婦が

「よかったら 一緒にお酒でも飲みませんか」

と私達二人にお声をかけてくださったんです。


喜んで私と友人は管理人さんご夫婦の 「どぶろく」 の接待?
をいただきました。




くどいようですが、なんせ36年前の話です。
どんな話をしたのか
どれくらいの時間が経っていたのか
よく覚えてないんですが
楽しい時間が流れていた記憶がありました。

私ども若造に対してもすごく丁寧に
満面の笑顔で対応していただいていたのを
現在でもはっきり覚えています。


そんな中、話題は戦時中の話になったんです・・・



どうやらご主人さんは戦時中は公務員?
か何かようわからんのですが
国に仕えておられたようでしてね、
年齢の加減もあってか出兵はされず
国内で任務されていたようでした。


その勤務先は広島市・・・

みなさんご存知の通り
8月6日に原爆投下された都市です。


ところがそのご主人さん
原爆投下される何日か前に神戸へ移動の指令を受けたそうなんです。
だから8月6日、ご主人さんは広島じゃなく神戸にいらっしゃったんです。

私はその話を聞いてそのご主人さんに対して



このおっさん、超ラッキーやん!
 




って、マジで思ったんです。

ところが・・・



それまでまだ右も左もわかってない若造の私たちに
満面の笑顔で対応してくださってたご主人さんが
この話が始まったとたん
( この話は 奥様が語られていました )

人が変わったかのように鬼の形相で



わしは逃げてへん!

お上の命令に従っただけや!



・・・・・・


ご主人さんは喜ぶどころかその日に神戸にいたことを恥と思っておられたようです。


超ラッキーやんなんて思ってた私が恥ずかしくなりました。


もちろんそれまで一緒に仕事をしていた知人友人を一瞬にして亡くされたんですもんね
お気持ちはわかりますが・・・

そのご主人さんに声をかける言葉は見つかりませんでした。



なんと表現すればいいのか
現在でも適切な言葉すら思い浮かびませんが・・・
なんでしょう・・・
教育の恐ろしさを思い知りました・・・





台風・・・ 震災・・・ 豪雨・・・
間接的には人的な被害はあるかもしれんけど
直接的には全部自然災害です。

自然には逆らえません。


でも戦争は明らかに人的災害なんです!

人間のエゴで何百万人の尊い命が犠牲になる最大の災害です。



♪ 戦争が終わって ぼくらは生まれた
   戦争を知らずに ぼくらは育った ♪



「懐かしいな」
と思われた人も多いでしょう。

戦争を知らない子供達が人口の90%を超えたそうです。
そしてこの歌すら知らない人が増えてきてるのもまた事実です。

戦争経験者に直接戦争の悲惨さを教えてもらった私達の年代が
現在の若い人たちに戦争の愚かさを伝えていかないといけませんね。


歴史は遡れませんが
せめて8月6日の前に終戦記念日を迎えられなかったのか
と思います。


歴史は遡れないからこそ
同じ過ちを繰り返さないことを祈ります。




当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
4つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
関連記事
[ 2018-08-12 (Sun) 17:45 ]   Comment(24) / TrackBack(0)
   Category:日記
written by 桃咲マルク
ドキドキして読みました!

何だかこのご主人の話しを奥様がしていて、
実際は、奥様だけで営まれている
ホテルだったのかと(('゚;Д,゚、.))ガクガク

ユースホテルって響きが懐かしいですね!
確かに昔の事、凄く覚えてる部分と、
全く覚えてない部分がありますよね。

私も今朝、社長の家に社員とお年賀に行ったのに
何を食べたのか?何が出てきたのかえ覚えていなく
同僚と持って行ったお土産を買った事しか覚えていない。
って夫に話したとこ(;^^)

偶然死を免れた方って、良かった!て聞くと思うけど
どうしても、自分だけ生き残ったと
後悔や苦しみで一杯になるそうですね。

そのようにご主人に言われたたら返す言葉見つからないですね。
今も私の年齢でもわからないです(´;ω;`)

昨日も日航事件で、当時の事故を知らない社員が90%なんですって。
その社員の方が遺族の方に説明されていました。
ほんと時間はあっと言う間に過ぎ去りますね。
戦争も知らない私たちですが
今後、2度と戦争も起きてほしくないですよね!!
2018-08-12 (Sun) 18:00 Web [ Edit ]
written by トマトの夢3
かのぼんさん、こんばんは^^

戦争の事 何も知らないですが
ユースホステルの管理人さんのお話…
ご主人様は生き抜いたことに
後ろめたさを感じていたのではないでしょうか

2018-08-12 (Sun) 18:46 Web [ Edit ]
written by aishinkakura
かのぼん様
こんばんは。

私も同感です。原爆投下の前、沖縄地上戦の前で
良かったのではないかと思います。
軍部のスケベ心がいけないのですね。最後に一撃
あたえて同じ敗戦でも無条件ではなく条件つきに
したかったようです。特に天皇の処遇に気を使って
いたみたいですね。天皇は多分これ以上国民の
犠牲を出したくなかったのではないかと思います。

愛新覚羅
2018-08-12 (Sun) 18:51 Web [ Edit ]
written by かのぼん
マルクさ~ん、いつもおおきにどすえー!^^

> ドキドキして読みました!

心霊の話かと思ったやろ?(笑)


> 何だかこのご主人の話しを奥様がしていて、
> 実際は、奥様だけで営まれている
> ホテルだったのかと(('゚;Д,゚、.))ガクガク

ブログ的にはその方が面白かったんやけどね(笑)
ただ、もしそんな美味しい話やったらもっと早くにここで記事にしてますわ(爆)


> ユースホテルって響きが懐かしいですね!

今でもあるんでしょうかね?


> 確かに昔の事、凄く覚えてる部分と、
> 全く覚えてない部分がありますよね。

でしょ!
これって不思議ですよね~。



> 私も今朝、社長の家に社員とお年賀に行ったのに
> 何を食べたのか?何が出てきたのかえ覚えていなく
> 同僚と持って行ったお土産を買った事しか覚えていない。
> って夫に話したとこ(;^^)

なるほど^^
でも普通で考えたら何食べたかは覚えてないでしょ?w



> 偶然死を免れた方って、良かった!て聞くと思うけど
> どうしても、自分だけ生き残ったと
> 後悔や苦しみで一杯になるそうですね。

そうか・・・
これは経験した人でないとわからない心境なんでしょうね
そんな経験はしたくないですが・・・


> そのようにご主人に言われたたら返す言葉見つからないですね。
> 今も私の年齢でもわからないです(´;ω;`)

ですよね・・・
良かったじゃないですか とも言えないし
それは残念でしたね とも言えないし・・・



> 昨日も日航事件で、当時の事故を知らない社員が90%なんですって。
> その社員の方が遺族の方に説明されていました。

阪神大震災も経験者がかなり減ってきてると聞きます。
こういう話を風化させないように私らががんばらなあきませんね。



> ほんと時間はあっと言う間に過ぎ去りますね。
> 戦争も知らない私たちですが
> 今後、2度と戦争も起きてほしくないですよね!!

全く仰る通りですね。
戦争を知らない子供たちが
永遠に100%続いていきますように。
2018-08-12 (Sun) 19:43 Web [ Edit ]
written by かのぼん
トマトの夢3さ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん、こんばんは^^

トマトさん、こんばんは(^-^)


> 戦争の事 何も知らないですが
> ユースホステルの管理人さんのお話…
> ご主人様は生き抜いたことに
> 後ろめたさを感じていたのではないでしょうか

おそらくそうなんでしょうね
当時で言う「非国民」っていうやつでしょうか・・・
それだけに教育の壊さを思い知らされた一日でした。
2018-08-12 (Sun) 19:50 Web [ Edit ]
written by かのぼん
aishinkakuraさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

> かのぼん様
> こんばんは。

aishinkakura様 こんばんは(^-^)


> 私も同感です。原爆投下の前、沖縄地上戦の前で
> 良かったのではないかと思います。

そうそう、沖縄の糸満での悲劇もすさまじいですよね・・・



> 軍部のスケベ心がいけないのですね。最後に一撃
> あたえて同じ敗戦でも無条件ではなく条件つきに
> したかったようです。

私らは全力で戦ったけど
こうするしかなかった
というシナリオを作ったわけですね
大多数の国民の犠牲を招いても・・・


> 特に天皇の処遇に気を使って
> いたみたいですね。天皇は多分これ以上国民の
> 犠牲を出したくなかったのではないかと思います。

なるほど。
天皇さんもさぞ辛かった思いをされてたんでしょうね。

現代社会でも同じような図式は残ってますね。


> 愛新覚羅

いつもありがとうございます。
2018-08-12 (Sun) 19:56 Web [ Edit ]
written by ami
かのぼんさん、
本当に、この時期は特に切なくなります。

一瞬で、人のエゴだけで、命も生活も、そしてその後の痛みも、、、、、

日本人は、それでも残された命を、なくした人たちのためにも、苦しさとつらさ、人間が体験するすべての痛みを抱えながら、生き続けてきたすごい国民だと思います。

戦争を知らない子供たち、、、90%ですか?
平和の中に生きて居ながら、きっと平和だと気が付かない人もいるかもしれません。
平和のありがたさを伝えていかなければいけないですよね。


※鬼のような形相、、、夏だし、怖い話だと思った、、、汗
2018-08-12 (Sun) 21:14 Web [ Edit ]
written by ピーちゃんこ
おはようございます。
悲惨な戦争体験された方々が少なくなってきましたね。
実際に経験した人の話には、力があります。
私達、戦争体験がないので子供達にその話をうまく伝えられないし、伝える機会もありません。
薄れ行く記憶を大事に伝えていかねばなりませんね。
私の母は、戦争体験者です。空襲警報の怖さやたべるのものが無くて大変だった事など私に話してましたね。
その話を聞いてたのは、私が小学生の頃でしたから、戦争の話が嫌いで真ともに聞いてませんでした。
今や、娘に伝える物無いんですよ。
2018-08-13 (Mon) 04:54 Web [ Edit ]
written by ぶらっくこーひー
かのぼ~んさ~ん こ~んにちは~~

管理人さんの忸怩たる気持ち判ります~~
友人知人だけではないのですからね?
あの時の教育では恥になるのですものね?

今日は父が戦死した日になっております。
召集の日、終戦2日前です!!
その日に戦死したのです。、
敗戦が分かっていたのに・・・

今は幸せ!!
有り難いですね?
2018-08-13 (Mon) 11:40 Web [ Edit ]
written by 冷凍SANMA
こんばんは。

20プラス36。
うん、おんなじ〜 ฅ^._.^ฅ

というのはさておいて。
なんだか考えさせられる内容ですね。
こんなふうに気軽にコメントなどできない、というか、してはいけないのてはと。
いろいろ思いを巡らせてしまいました。
2018-08-13 (Mon) 19:06 Web [ Edit ]
written by なっつばー
戦争が終わってから生まれた私も戦争を知らない子供達の仲間。
ええ、一応は・・・。
子供の頃には、まだ戦争の記憶があちこちにあったように思います。
戦後すぐに建てられたバラック小屋に住んでる人。
傷病兵の姿で物乞いをする姿。
家には無くなった祖父の勲章のようなバッヂの数々。
紙幣に押された戦時中の印、コレが無いと使えなかったそうですね。
今、世の中がきな臭く感じてとてもコワイです。
2018-08-13 (Mon) 22:37 Web [ Edit ]
written by 桜ようかん
かのぼんさん こんにちは(^^)/

この時期になると
戦争について考えさせられます。
亡き祖父母から戦争の話を
聞いたことがありますが
もう少し聞いておけば良かったと
思います。
戦争を知らない子供たちが
90%を超えたのですね、、、
我が子達は何処まで知っているか
今晩集まった時に聞いてみようと
思いました。
2018-08-14 (Tue) 14:25 Web [ Edit ]
written by かのぼん
amiさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> かのぼんさん、
> 本当に、この時期は特に切なくなります。
> 一瞬で、人のエゴだけで、命も生活も、そしてその後の痛みも、、、、、
> 日本人は、それでも残された命を、なくした人たちのためにも、苦しさとつらさ、人間が体験するすべての痛みを抱えながら、生き続けてきたすごい国民だと思います。

特攻隊や人間魚雷が必要だったんでしょうか
原爆が投下される前に決断できなかったんでしょうか
すべて国の一部の上層部のエゴにしか過ぎなかったんじゃないですか。
あれから73年経って今尚、きな臭い方向へ進みつつあります。
決して同じ過ちを起こしてはなりませんね。



> 戦争を知らない子供たち、、、90%ですか?
> 平和の中に生きて居ながら、きっと平和だと気が付かない人もいるかもしれません。
> 平和のありがたさを伝えていかなければいけないですよね。

私たちも含めて国民全員が平和ボケしてるかもしれませんね。
しかしいかなる理由があろうとも
人が人をころしあうなんて愚の骨頂にしか過ぎませんよね。



> ※鬼のような形相、、、夏だし、怖い話だと思った、、、汗

そっちの方が良かった?
だはははは~!(*^^)v
2018-08-14 (Tue) 14:31 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ピーちゃんこさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> おはようございます。

おはようございます(^-^)


> 悲惨な戦争体験された方々が少なくなってきましたね。
> 実際に経験した人の話には、力があります。

そうなんですよ
経験者でしかわからない戦争の怖さがありますよね
私も親父から生々しい話を教えられました。



> 私達、戦争体験がないので子供達にその話をうまく伝えられないし、伝える機会もありません。
> 薄れ行く記憶を大事に伝えていかねばなりませんね。

たしかに伝える機会はないですが
例えばこういうブログで話をするのも微力だけどいいことだと思います。


> 私の母は、戦争体験者です。空襲警報の怖さやたべるのものが無くて大変だった事など私に話してましたね。
> その話を聞いてたのは、私が小学生の頃でしたから、戦争の話が嫌いで真ともに聞いてませんでした。
> 今や、娘に伝える物無いんですよ。

子供の頃ってそういう話はうっとしかったでしょう
当然だと思います。
でも、私たちもうっとしがられてもいいから
後世に伝えていかなければなりませんね。
2018-08-14 (Tue) 14:40 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ぶらっくこーひーさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼ~んさ~ん こ~んにちは~~

よ~~うちゃ~~ん こ~~んにちは~~!(^-^)


> 管理人さんの忸怩たる気持ち判ります~~
> 友人知人だけではないのですからね?
> あの時の教育では恥になるのですものね?

私は戦後教育しか受けてないので理解できないんですが
おやじから聞いてる話ではわかるような気もします。
それだけに教育って恐いもんだなと感じました。


> 今日は父が戦死した日になっております。
> 召集の日、終戦2日前です!!
> その日に戦死したのです。、
> 敗戦が分かっていたのに・・・

ほんとに・・・
行く必要があったんでしょうか
悔しいですね・・・
私の父は113人の舞台で満州へ出兵し
帰国できたのはわずか11人でした。
そのうちのひとりでいたのは奇跡だったんでしょうね。


> 今は幸せ!!
> 有り難いですね?

ほんとにそうですね。
この平和がいつまでも続くことを祈るばかりです。

2018-08-14 (Tue) 14:49 Web [ Edit ]
written by かのぼん
冷凍SANMAさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> こんばんは。

こんばんは(^-^)


> 20プラス36。
> うん、おんなじ〜 ฅ^._.^ฅ

誰とおんなじやねん!(爆)


> というのはさておいて。

いや、さておかんと
誰とおんなじやねん!(超爆)


> なんだか考えさせられる内容ですね。
> こんなふうに気軽にコメントなどできない、というか、してはいけないのてはと。
> いろいろ思いを巡らせてしまいました。

いろいろ思いを巡らせることが戦没者の方々に対してのご供養になるんじゃないでしょうか。
2018-08-14 (Tue) 14:53 Web [ Edit ]
written by なごみん
かのぼんさん、こんにちは

逃げてへん・・そう思いはったご主人、
ずっとそれをしょって生きてこられたんですね

広島、長崎の原爆投下の日には
テレビの中継見ながら、犠牲になられた方の
冥福を祈りました

他にも戦争で亡くなられた方が
たくさんおられます
戦争をきっかけにどれだけの人が
不幸になったでしょうか

本当にやりきれないですね
2度と起こして欲しくないものです
その為にも子供たちに
戦争の悲惨さや苦しみを
伝えていかないといけませんね

平和ボケしてる場合じゃないですよ
心引きしめて終戦記念日を
迎えたいと思います

2018-08-14 (Tue) 14:55 Web [ Edit ]
written by かのぼん
なっつばーさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> 戦争が終わってから生まれた私も戦争を知らない子供達の仲間。
> ええ、一応は・・・。
> 子供の頃には、まだ戦争の記憶があちこちにあったように思います。
> 戦後すぐに建てられたバラック小屋に住んでる人。
> 傷病兵の姿で物乞いをする姿。
> 家には無くなった祖父の勲章のようなバッヂの数々。
> 紙幣に押された戦時中の印、コレが無いと使えなかったそうですね。

なっつばーさん、大変貴重な体験されてるんですね
私はおやじからの話でしか戦争のことを知らないです。
物心ついたころは、高度経済成長の走りでしたからね。
直接こういった戦後の匂いをご存知の人は少ないと思いますので
ぜひ後世に伝えていってほしいです。



> 今、世の中がきな臭く感じてとてもコワイです。

ちょっと自民党いちびってますね(^^;
ほんま冗談のけていつまでも平和な日々が続くことを祈るばかりです。

2018-08-14 (Tue) 15:01 Web [ Edit ]
written by かのぼん
桜ようかんさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん こんにちは(^^)/

桜ようかんさん こんにちは(^^)/


> この時期になると
> 戦争について考えさせられます。

それが戦没者の方々に対しての最大の供養になるんじゃないでしょうか。


> 亡き祖父母から戦争の話を
> 聞いたことがありますが
> もう少し聞いておけば良かったと
> 思います。

なかなか子供の頃は聞く耳持てないもんですよね(^^;
でも聞けた範囲の中でいいから後世に伝えていけたらいいですね^^


> 戦争を知らない子供たちが
> 90%を超えたのですね、、、

言うてるうちに100%になるんでしょうね・・・


> 我が子達は何処まで知っているか
> 今晩集まった時に聞いてみようと
> 思いました。

そうやって話し合うことが一番大切だと思いますよ
桜ようかんさんが祖父母様から聞かれた話をされるだけで十分伝わると思います。

2018-08-14 (Tue) 15:14 Web [ Edit ]
written by かのぼん
なごみんさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん、こんにちは

なごみんさん、こんにちは(^-^)


> 逃げてへん・・そう思いはったご主人、
> ずっとそれをしょって生きてこられたんですね

そうなんでしょうね
きっと辛かったことと思います。


> 広島、長崎の原爆投下の日には
> テレビの中継見ながら、犠牲になられた方の
> 冥福を祈りました

なんでその前に終戦を迎えられなかったんでしょうね・・・
かなりの犠牲者を出さずにすんだのに・・・



> 他にも戦争で亡くなられた方が
> たくさんおられます

内地では沖縄なんて最たる場所ですし
南方の特攻隊なんて必要だったんでしょうか・・・



> 戦争をきっかけにどれだけの人が
> 不幸になったでしょうか

ご本人様だけでなくその家族のことを考えると
言葉もないですね。


> 本当にやりきれないですね
> 2度と起こして欲しくないものです

同じ過ちは繰り返してはなりませんね。


> その為にも子供たちに
> 戦争の悲惨さや苦しみを
> 伝えていかないといけませんね

今私たちに少なくとも出来ることですからね
うっとしがられても伝えていかなければね。



> 平和ボケしてる場合じゃないですよ
> 心引きしめて終戦記念日を
> 迎えたいと思います

その気持ちが後せの人に伝わるでしょうし
戦没者の方々に対してのご供養になると思います。
2018-08-14 (Tue) 15:26 Web [ Edit ]
written by おこちゃん
父は大正9年生まれ。
青春真っ盛りに 中国(黒竜江省だったかな?)と、南洋メレヨン島に行ってました。

子供のときから聞かされました。
その頃は とても悲惨で可哀想で聞くと涙してしまうので 戦争の話しになるのが嫌でした。。

いま、戦争に行った人はいなくなって来ました。
私たちが 伝え聞いたことを 広げていかなければならないとおもっています。

2018-08-14 (Tue) 21:23 Web [ Edit ]
written by OKさんたろう
こんばんは、かのぼんさん。

やはり戦争を経験している世代は教育の内容が違うのですね。
要は未だに呪縛みたいなものがある。
それはもう染みついてしまってどうにもならない。

今日は終戦記念日。
忘れていたけど車のラジオで聞きました。
改めて戦没者のご冥福をお祈りしたいですね。
2018-08-15 (Wed) 19:51 Web [ Edit ]
written by かのぼん
おこちゃ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> 父は大正9年生まれ。
> 青春真っ盛りに 中国(黒竜江省だったかな?)と、南洋メレヨン島に行ってました。

私の父が大正12年生まれだから
おこちゃんとの年齢差を考えると同じような感じですね。



> 子供のときから聞かされました。
> その頃は とても悲惨で可哀想で聞くと涙してしまうので 戦争の話しになるのが嫌でした。。

みなさん共通して同じことを言われてますね
戦争の話を聞くのが嫌だったと・・・



> いま、戦争に行った人はいなくなって来ました。
> 私たちが 伝え聞いたことを 広げていかなければならないとおもっています。

戦争の話を聞くのが嫌だったということも交えて
その時に聞いたこと感じたことを
現代の若い人たちに伝えていかなければなりませんね。
2018-08-15 (Wed) 21:22 Web [ Edit ]
written by かのぼん
OKさんたろうさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

> こんばんは、かのぼんさん。

こんばんは、OKさんたろうさん(^-^)


> やはり戦争を経験している世代は教育の内容が違うのですね。

戦後教育を受けた私達にとっては理解しがたいことが多々ありますね。


> 要は未だに呪縛みたいなものがある。
> それはもう染みついてしまってどうにもならない。

呪縛といえば未だに日本はアメリカの属国ですね
右に習えの言いなりです。
同じ敗戦国でもドイツとイタリアは違いますもんね。
未だに呪縛から解き放たれていません。



> 今日は終戦記念日。
> 忘れていたけど車のラジオで聞きました。
> 改めて戦没者のご冥福をお祈りしたいですね。

そちらは靖国神社が近くにあっていいですね
一度訪れてみたい場所です。
2018-08-15 (Wed) 21:30 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ https://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/1095-aad779e3