地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
誤算がいっぱい?




今回も前回に引き続きご近所散歩なんですが
近くのお寺さんにも寄ってきました 

みなさん、ここ覚えたはりますか~ 


1_20180624172015dac.jpg


そうです! 
今年の春の桜の時にご案内させていただいた

勧修寺  です 


2018年 4月5日撮影
観音堂2


桜から打って変わって 紅葉   


2_20180624172018acc.jpg


そして 紫陽花  


3_20180624172017c5f.jpg


そうなんです!
ここは見事なくらい紅葉紫陽花が同時に楽しめるんですねー 


4_20180624172019e15.jpg


今回私がここへ来た目的は菖蒲だったんですが
これはうれしい誤算でした 


5_20180624172020eb7.jpg


もひとつ誤算だったのが
自撮りをしたつもりが写ってませんでした 


白い部分に私が写ってるはず・・・ だったんですが・・・ (^^;
6_201806241720371cd.jpg


そしてまたまた誤算だったのがコレ!


8_20180624172038c14.jpg


寺院内にある氷室池なんですが
ここの菖蒲を撮りに来たんです。

でももう一度よーくご覧ください
真ん中に白いものが沢山見えるでしょ?

この正体は!


9_20180624172040b8c.jpg


半夏生~ (はんげしょう) 

厚化粧ちゃいますよ (爆)


半夏生 ( カタシログサ ) という草の葉が
この季節だけ半分白くなって
化粧しているようになるんです。




京都では 建仁寺 が有名なんで行ったことあるんですが
まさかここ 勧修寺 にもあるとはこれまたうれしい誤算でした 

半夏生 4年前に記事にしてますんで
興味ある方は見に行ってきてくださ~~~い 

☆ 建仁寺 




さて、話が横道にそれましたが 
私がここへ来た目的はコレ~~~ 


10_2018062417204196e.jpg


そしてコレもね 


11_2018062417204386d.jpg


さっきから コレ と言ってるのは
正式名を知らんからです 


12_20180624172055e7b.jpg


だはははは~! 



あ! でもこの花は知ってますよ!

トイ・プードル~♪ 


13_20180624172056a94.jpg


どははははは~! 


14_20180624172058d05.jpg


いかがでしたか、初夏勧修寺  

金閣寺清水寺ほどメジャーじゃないけど
なかなかええお寺さんですよ 


山科へ来やはったら 是非おこしやす 


15_20180624172059460.jpg




当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
4つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
[ 2018-06-28 (Thu) 14:36 ]   Comment(26) / TrackBack(0)
   Category:京都
紫陽花ひまわり紅葉




梅雨の晴れ間! 
例によってカメラ片手にご近所ぶらぶら散歩してきましたー 


1-2_20180623211039061.jpg


はい! 梅雨と言えばこの花ですよねー 


2_201806232110412f1.jpg


カリフラワーじゃないですよ! 


3_2018062321104241f.jpg


紫陽花ですよねー 


4_20180623211043cbe.jpg


紫陽花とユリ?

ユリでええんかな  


5_201806232110451cf.jpg


なんかうちの近所って白い紫陽花が多いわ 


6_20180623211347ef1.jpg


だから青もいっとこ 


7_20180623211348df5.jpg


紫陽花じゃない花もいっとこ 

名前は知らんけど 


8_20180623211350872.jpg


これは あやめ? 菖蒲? カキツバタ?


9_20180623211351125.jpg


花の名前はようわからんけど
これは知ってますよ! 


ひまわり


ひまわり~~~ 

あと少しで 大好きな夏だ! 




てなわけで、ご近所ブラブラしてきたわけですが~ 


11_201806232113536d9.jpg


はい! 夏を通り越して紅葉も撮ってきましたよ! 


12_201806232123318e8.jpg


紫陽花紅葉 


12-2_20180623212332e20.jpg


ここは何処かと言いますと!


13_20180623212333446.jpg


わかった人、いらっしゃるかな~ 

次回をお楽しみに~ 




当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
4つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
[ 2018-06-25 (Mon) 23:00 ]   Comment(28) / TrackBack(0)
   Category:日記
十石船&巨大トラス橋 ♪




地震があったのでちょっと間があきましたが
今回は 京都の伏見の後編 をしますね~  


1_20180617115714c0c.jpg


伏見は酒処でして当然の如く、水もきれいです 


1-2_201806171157165b6.jpg


そして運河も流れていましてね
元々は伏見桃山城を建築する際に運搬河川として作られたらしいんですが
江戸時代から明治時代は大阪へ酒や米の運搬船があったらしいんです 
陸運が発達してなかった頃はこういった水運で賄っていたんですね 



2_201806171157177e4.jpg


そして現在も観光船として十石船が運行されてましてね


3_201806171157197e4.jpg


1時間程の乗船で1200円 

私は全部歩きでしたが 


4_2018061711572090e.jpg


ここは 三栖閘門 と言いまして


5_201806171157400a5.jpg


濠川と宇治川の水位が違ったため
ここで水位を調整して宇治川から淀川を経て大阪へと運搬されてたんです 


6_201806171157417a1.jpg


相変らずヘタなイメージ図で申し訳ないですが 


7_20180617115742ac6.jpg


近くで見るとちょっと恐いくらいでした 
私の影も写ってます (笑)


8_20180617115744095.jpg


伏見の町は、大阪と奈良との玄関口でもあったわけですね 


宇治川から大阪方向を望む
9_20180617115745509.jpg


そして何気なく宇治川の写真を撮ってますと
何やら 鉄橋 のようなものが見えますね?


10_20180617115816298.jpg


はい、実はここからが本題なんです 

この鉄橋、地元の人でも何気なく見てると思うんですが
結構曰くつきの橋なんですよ 

奈良電気鉄道 (現在の近鉄) 1928年 にできた鉄橋なんですが
建設当初は7本の橋脚で作る予定だったのです。

ところがだ!
当時の 帝国陸軍 がストップをかけたんです!

と言うのは
ここの宇治川で夜中でも水運演習が行われてたそうで
橋桁があると演習に支障をきたすという理由からなんです。

そして当時の最新技術を惜しみなく投入し
人智を尽くしてこの

橋桁がひとつもない巨大トラス橋

ができたというわけなんです。

やはり当時の軍隊は力を持ってたんですね・・・


電車の大きさから、この橋の巨大さが想像できますよね (^^;
11_20180617115818049.jpg
 

単純トラスの橋としては 日本一の長さでして (164、6m) です。
国の登録有形文化財にも指定されています 


単純で物理が全く苦手なアホの私には

ただでさえ橋桁がないのに
上にこんな剛鉄の重いもん乗せたら余計壊れるやん!
 

なんて思うんですが・・・


なんかようわからんけど、物理的に理にかなってるんでしょうね??? 

自転車やバイクのフレームも
このトラス構造の原理らしいですよ 


現在は近鉄と京都市営地下鉄も乗り入れしています (^-^)
12_201806171158196ce.jpg


え? なんだかんだ言って


結局最後は鉄道の話かい! てか?


ほんまや・・・ 気づかへんだわ・・・

だははははは~! 


ま! とにもかくにも歴史好きの人にはタマラナイ町
伏見のお話でしたー 


14_2018061711582162b.jpg





当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
4つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
[ 2018-06-21 (Thu) 23:00 ]   Comment(26) / TrackBack(0)
   Category:京都






6月18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする大きな地震が発生しました。
この地震で4人の方の尊い命が奪われました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
また、300人以上もの人が怪我をされて病院に運ばれたとのこと
一日も早く回復されることを祈ってます。

やはり思い出すのは23年前の阪神淡路大震災です。
あの時のような高速道路の倒壊などはありませんでしたが
一部ではライフラインが止まり
鉄道は一切動かず、高速道路は全面通行止め。

私は毎日、仕事で大阪の高槻(今回震度6弱の場所)へ行ってますので姉などが心配してメールや電話をかけてきてたようです。
当の私はと言えば、たしかに高槻にはいましたが
朝4時には高槻で荷物を全部積んで
地震発生時は兵庫県豊岡市におりました。
(兵庫県の日本海側の町です)

だから地震のことはラジオのニュースで知り
すぐさま家に電話をかけましたが繋がらない。
そうなんです、電話なんて繋がるはずもないんです。
阪神淡路大震災の時もそうでした。
でもこういう時はメールはすぐに届かなくても
30分~1時間もすれば届くのでメールを送っておきました。

しばらくするとかみさんから電話が入って
安否を聞くと、どうやら怪我人は出ていないし
猫やフェレット達はケージに入ってたので大丈夫とのこと。
ひとまず安心しました。

ただ、食器棚が開いて食器が飛び出してきたとのこと・・・
私のパソコン周りも物が落ちて散乱してる状態・・・
この時、私はひとつ大きく落胆してることがありました。
それはカメラ。
私はカメラとレンズはを高いところの棚に置いているんです。
と言うのは、低い場所に置いておくとフェレットがいたずらをするんですよ。
(前のカメラはフェレットに壊されましたから・・・(^^; )

低い所に置いといて壊れたカメラ
それを学習して今回は高い所へ置いておいたのに・・・
今度は地震でやられた・・・
なんて思いながら
恐る恐るかみさんに「カメラは?」と聞くと
「カメラは全然大丈夫やで、落ちてへんわ」
とのこと!

いやほんま、これは他の状況から見て奇跡でした!
(なんせまだローンが1年残ってますからね 爆)


でもね、なんだかんだ言ってもね
家族が無事で、猫たちやフェレット達が無事でいてくれたのが何よりでした。

カメラや物は代りがあるし、お金で解決します。
(お金、ないけど 爆)

でも命は代りがないしね。



23年前の阪神淡路大震災の記憶が薄れつつあった今
また大切なものを教えられたような気がした一日でした。



これ以上被害が大きくならないことを祈ってます。



今回のことで沢山のブロ友さんから
お見舞いコメント、拍手コメントをいただきありがとうございました
かのぼん家は大丈夫ですので!(*^^)v


今回、伏見の後編の予定でしたが変更させていただきました。
伏見後編は、次回にお送りしますね (^_-)-☆





当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
4つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
[ 2018-06-19 (Tue) 00:12 ]   Comment(34) / TrackBack(0)
   Category:日記
日本酒と歴史の町♪




梅雨真っ只中ですね 
そして梅雨に似合う花というと~~~

この花ですよね 


12_20180614155726dfa.jpg


そして梅雨の雨間、お天気が良かった日に
この花がよく似合う町に行って来ましたよ 


2_20180614155600d8e.jpg


ここは何処かと言いますと
京都市の中でも南に位置する 伏見 の町です 


4_20180614155603539.jpg


ご覧のように酒蔵がいっぱいあるでしょ 


3_20180614155602af9.jpg


伏見 兵庫の灘 広島の西条 と並んで
日本三大酒処
のひとつなんです 

月桂冠(大倉酒造)黄桜 なんかも伏見のお酒なんですよ 


1_20180614155559661.jpg


上の写真は松本酒造で下の写真が月桂冠大倉記念館 

どちらの建物も近代化産業遺産に指定されてるそうです 


5_20180614155605b0f.jpg


そしてここには坂本龍馬伏見奉行に襲撃されたという
寺田屋もあるんですよ 


6_20180614155627f55.jpg


後の妻、お龍が風呂に入っている時に異変に気づき
すっぽんぽんのまま2階に上がって龍馬に襲撃を知らせ
龍馬も負傷しながらも辛うじて逃げたという寺田屋事件のあった場所です。


実際に事件があった場所はここではなく現在の建物はレプリカです。
実はその事で今回面白いおじさんと会ってね
その件は Read More でお話しますね (^^;


そのあと西郷隆盛の計らいで鹿児島へ怪我の治療方々
お龍と二人で旅行へ行ったのが日本の新婚旅行の始まりと言われています 


当然の如く? 寺田屋には坂本龍馬像が設置されております (^-^)
7_201806141556294ba.jpg


実は私、幕末大好き人間なんでこういう話をし出すと止まらないんで
こんなもんにしときます 
当ブログで真面目な話も似合わないんでね (爆)




寺田屋もあるせいか、
この辺は昔と違ってかなり観光化されてました 


龍馬通り商店街
8_20180614155630ac9.jpg


「昔と違って」、と言うのはね
実は私、30年前に4年程ですがここに住んでたんですよ 


ちゃっかり龍馬にあやかって儲けてますね (笑)
9_20180614155632602.jpg


私が住んでた頃は 龍馬通り商店街 龍馬館 もなかったですからね 

でもこの辺は昔ながらの町なんでね
その名残もまだ残ってたのがうれしかった 


10_2018061415563309a.jpg


懐かしい昭和な面影が残る納屋町商店街もがんばってました 


11_20180614155724d86.jpg


今でこそ京都市伏見区という地名ですが
伏見の町というのは京都とはまた違う文化があってね
例えば以前当ブログでお話したことある
京都は北へ上がる、南へ下がる
というお話をしたことありますが

その時の記事はコチラ~ 


でもね、伏見の町では  

東へ上がる 西へ下がる

と言うんです 


その理由は伏見の町では東に桃山城があったからなんですね~ 


伏見桃山城 これもレプリカです (^^;
_DSC0016_20180614155801307.jpg


豊臣秀吉が建立した桃山城に向かって
上がる と言ってたんですね 


それにこの辺の町名も面白いですよ

羽柴長吉町 毛利長門町 
桃山町島津 桃山町三河

歴史好きな人にはタマラン町名でしょ 




さてさて、すんません、歴史が好きなもんで
ついつい長くなってしまいましたね 

でももう少し、伏見のお話をしたいんで
次回に後編としてお話しますねー 


酒蔵と紫陽花
15_2018061415573009f.jpg




当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
4つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
[ 2018-06-15 (Fri) 14:18 ]   Comment(40) / TrackBack(0)
   Category:京都