地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
8月15日




すんません
古いおつきあいのあるブロガーさんは
またこの話?・・・ 
と思われるかもしれませんが今年も書きますね。


それと、終戦記念日という表現がどうも嫌いなもんで
タイトルを終戦の日とさせていただきました。




私の親父は満州へ出兵したのですが、その部隊 113名 日本へ無事帰ってこれたのは、わずか 11名 だったそうです。


出兵時  自宅前にて
出兵


よくぞ無事帰ってきたもんだ。
だから現在の私がいるんですもんね。



でも親父いわく

満州はまだマシな方やった、
南方へ行った戦友は特攻隊やったから
誰も帰ってこれへんだ。


満州にて
満州2


戦友がすぐ横で凶弾に倒れたこともあったそうでした。


戦友と
戦友


みなさん、想像してみてください
まだ20歳前後の若者ですよ

片道の燃料だけで飛び立つゼロ戦
敵艦へ向って操縦する人間魚雷


もしそれが自分の身内だったら・・・
万歳 と言って見送れますか?


満州にて
満州


終戦を迎えて無事生き残った親父は、
戦友と二人で故郷の岐阜へ帰ってきたのですが
親父の家は奇跡的に無事あったけど
戦友の家は焼けて無かったそうです。

しばらく呆然としてた友人は気を取り直したかのように
北海道の開拓に行くわ
という言葉を残して友人は去っていったそうです。


親兄弟は探さへんの?
家の土地の権利は?


私はそんな素朴な疑問を親父に問いかけたら親父が私に一言

それは平和な世の中やから出てくる言葉や・・・



戦時中はもちろんのこと終戦後の混乱は
戦争を知らない私には想像を絶するなんて言葉すら当てはまらないんでしょうね。




今、とある国同士がつまらん舌戦をしていますね。
ほんま、しょうもないエゴや意地は捨てましょ。

戦争をして残るもんは何ですか
勝っても負けても失うもんしかありませんよ。

国のトップにいる人は知識も豊富で頭のいい人なんでしょ

だったらそれくらいわかりますよね。



親父がよく言ってました。

戦争は辛いとか、悲しいとか、したらあかん とか
そんなん言う前の問題や




いかなる事があっても
同じ過ちは繰り返してはなりません。





よかったら Read More も見てね。



当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
4つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ









前記事でのクイズ


11_201708101943264d6.jpg


この行列の正体は次に書きますね~ 




お盆休みも無いし正月休みも無い
かといって他に休みがあるわけでもない
年に一度でいいから2日間でいいから
連休があったらいいのにな
そしたらちょっとは身体もゆっくりも出来るし
たとえ1泊でも旅行にでも行けるのになぁ

な~んて思ってたけど
平和な世の中で生きていられるだけでじゅうぶん幸福ですね(^-^)













関連記事
[ 2017-08-15 (Tue) 00:00 ]   Comment(46) / TrackBack(0)
   Category:日記
written by ピーちゃんこ
おはようございます。
私の父は、もう少しで徴兵令が下るところだったんだそうです。軍服の写真も持ってました。ラッキーだったんです。
しかし、生活は、酷い物だったと言ってました。
母は、食べる物もなく、雑草も食べ尽くして生えてなかったそうです。
今、日本も何だか怪しい匂いがしませんか?
2017-08-15 (Tue) 02:36 Web [ Edit ]
written by aishinkakura
かのぼん様
おはよう御座います。

私も愛新覚羅という名前をかたっているほど満州には興味があります。兵隊だけではなく満蒙開拓団とか騙されて新天地を求めて海を渡った一般人も沢山いるのですよね。
私の父はまだ年齢が若かったので兵隊には行かなかったのですが満蒙開拓団には興味があったらしいです。
でもそれも行かなかったのでラッキーでした。
私は昭和24年生まれですから東京の繁華街の道路には傷痍軍人が沢山いました。そしてアコーディオンとハーモニカを演奏していました。
アコーディオンとハーモニカを聴くと今でも悲しくなってきます。

愛新覚羅
2017-08-15 (Tue) 07:33 Web [ Edit ]
written by cael
今日は終戦記念日ですね。

日本中の家族が色んな形で巻き込まれましたが、
戦争のお陰で幸せになった、なんて話、聞いた事ありませんよね。

家は 父方の祖父が戻って来ませんでした。
祖母はお腹に赤ちゃんを含め、3人の子どもを、姑、舅とともに暮らしながら、育てて行ったそうです。

そのせいか、私の父は、祖母と凄い結束してましたよ。

もしも、祖父が生きていたら、秋田を離れることも無かった、と 祖母が言っていました。
2017-08-15 (Tue) 07:34 Web [ Edit ]
written by おきまちあき
こんにちは。
私の父はちょうど戦地に送られる手前で大けがをして
そのお蔭で生き延びることが出来たと語ってました。
配属される予定だった部隊は全滅だったようで。。
戦争体験を話したがらなかった父でしたが
終戦の日、TVで当時の映像が流れている番組を見ながら
大空襲後の悲惨な町?を歩いた時の話などを
ボソッと話してくれたのを思い出します。
本当にもっと細かく聞いておけば良かったと悔やまれます。


2017-08-15 (Tue) 13:31 Web [ Edit ]
written by レディピアノ
写真、とても貴重なものだと思いますので、是非大事に残してくださいね。
私は今20歳なので(んん~、いつまで言ってる?)、平成29年ひくことの20で、平成9年生まれ?
毎年計算しなおさなきゃないから大変(笑)

実年齢でも戦争を知らない世代に変わりはないんだけど、いろいろ見聞きする話を自分の事に置き換えたら、なんと悲しいことなのかと思います。

次世代を担う子供たちにこのことを伝え継いでいくとともに、明るく希望に満ちた気持ちで生き生きと生活していける今に感謝します。
2017-08-15 (Tue) 14:57 Web [ Edit ]
written by okokkeitarou
こんにちは、かのぼんさん。

連休できないんですね。
それは辛いですね。
私は割り切れないので無理矢理休みますけどね(^-^;

お父さん奇跡なんですね。
かのぼんさんは帰ってきてから生まれたお子様なんだ。
戦争を知らないこども達は我々の世代。
戦争をバーチャルで見る今の世代。
戦争の悲惨さは年数が経つほどに薄れていきますからね。
こういう話はとても貴重です。
また来年も宜しゅうお願いします。
2017-08-15 (Tue) 16:30 Web [ Edit ]
written by 桃咲マルク
ほんと20歳前後の若者。
今も昔の人も同じだけ怖いはず!!

今もし息子が戦争に行かなければならないなら
やっぱり絶対出したくない!
私が代わりに戦いに行く予定です。無理だと言われたけど゚゚・(×_×)・゚゚・。。
それくらい親御さんんのお辛かった気持ち・・・
想像以上だったと思います。

かのぼんさんのお父様、男前ですね。
よくぞ御無事で戻られて奇跡ですね!
そしてかのぼんさんたちが居て、娘さんが居て~と
未来永劫続くわけです。

戦争ほんと学ばいのか?と言いたいですね。
ええ大人が相手をやり合い、勝っただ負けただ。
バカじゃない。て鼻息荒くなります!!!

お盆休みもほんと無いのは辛いです。
毎日繰り返す毎日。
終わりなき仕事など考えると気が遠くなるけど、
1泊旅行これは本当ですね。
母も一緒に旅行行きたいと言いますが現実難しいです(;^0^)
ほんとお疲れ様です。でクイズの答え先かぁ~~w
2017-08-15 (Tue) 17:27 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ピーちゃんこさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> おはようございます。

おはようございます(^-^)


> 私の父は、もう少しで徴兵令が下るところだったんだそうです。軍服の写真も持ってました。ラッキーだったんです。

なんとかまぬがれたんですね? 良かったです。
でも当時は「良かった」なんて言ったら「非国民」になったんでしょうね。


> しかし、生活は、酷い物だったと言ってました。
> 母は、食べる物もなく、雑草も食べ尽くして生えてなかったそうです。

ほんま、今では考えられない生活やったようですね。


> 今、日本も何だか怪しい匂いがしませんか?

憲法改正じゃのいろいろやってますね
ほんと、過去に遡らなけりゃいいんですけど・・・
2017-08-15 (Tue) 18:27 Web [ Edit ]
written by かのぼん
aishinkakuraさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

> かのぼん様
> おはよう御座います。

aishinkakura様 おはようございます(^-^)


> 私も愛新覚羅という名前をかたっているほど満州には興味があります。兵隊だけではなく満蒙開拓団とか騙されて新天地を求めて海を渡った一般人も沢山いるのですよね。

満蒙開拓団はのべ27万人いたとか聞きますね
帰ってくるのに大変な苦労があったようですね。



> 私の父はまだ年齢が若かったので兵隊には行かなかったのですが満蒙開拓団には興味があったらしいです。
> でもそれも行かなかったのでラッキーでした。

いやほんま、行かなくて正解ですよ。


> 私は昭和24年生まれですから東京の繁華街の道路には傷痍軍人が沢山いました。そしてアコーディオンとハーモニカを演奏していました。
> アコーディオンとハーモニカを聴くと今でも悲しくなってきます。

なるほど。
たしかにアコーディオンとハーモニカは良くも悪くも切ない音色ですよね。



> 愛新覚羅

いつもありがとうございます。
2017-08-15 (Tue) 18:33 Web [ Edit ]
written by かのぼん
caelさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> 今日は終戦記念日ですね。

なにげにサイレンの音が聞こえるような錯覚を覚えます。


> 日本中の家族が色んな形で巻き込まれましたが、
> 戦争のお陰で幸せになった、なんて話、聞いた事ありませんよね。

全く仰る通りですね
仮に兵器などで儲けた人がいたとしても・・・
その人はほんとに幸福じゃないでしょう。


> 家は 父方の祖父が戻って来ませんでした。
> 祖母はお腹に赤ちゃんを含め、3人の子どもを、姑、舅とともに暮らしながら、育てて行ったそうです。

左様でしたか・・・
悲しい辛い現実でしたね。



> そのせいか、私の父は、祖母と凄い結束してましたよ。

私たちには見えない世界でしょうね。


> もしも、祖父が生きていたら、秋田を離れることも無かった、と 祖母が言っていました。

caelさんの人生も変わってかも?
ですね。

2017-08-15 (Tue) 18:40 Web [ Edit ]
written by かのぼん
おきまちあきさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> こんにちは。

こんにちは(^-^)


> 私の父はちょうど戦地に送られる手前で大けがをして
> そのお蔭で生き延びることが出来たと語ってました。

それは良かったですね!
文字通り、怪我の功名ですね。



> 配属される予定だった部隊は全滅だったようで。。

・・・・


> 戦争体験を話したがらなかった父でしたが
> 終戦の日、TVで当時の映像が流れている番組を見ながら
> 大空襲後の悲惨な町?を歩いた時の話などを
> ボソッと話してくれたのを思い出します。

そりゃ話したくなかったでしょう。
思い出したくないという気持ちもあったでしょうけど
それ以上にそんな悲惨な話を娘に言いたくなかったんでしょう。



> 本当にもっと細かく聞いておけば良かったと悔やまれます。

われわれの世代が実際に戦争経験者から生の声を聞けた世代です
これを子供たちに語り継いでいくのが私たちの仕事かもしれませんね。
2017-08-15 (Tue) 18:46 Web [ Edit ]
written by かのぼん
レディピアノさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> 写真、とても貴重なものだと思いますので、是非大事に残してくださいね。

親父が亡くなった時、遺品を整理してた時に見つけたアルバム写真です
ほんと、貴重な写真ですよね
大切に保存します。



> 私は今20歳なので(んん~、いつまで言ってる?)、平成29年ひくことの20で、平成9年生まれ?
> 毎年計算しなおさなきゃないから大変(笑)

もうちょっと現実味がほしいから
せめて30歳ぐらいにしたら?(爆)


> 実年齢でも戦争を知らない世代に変わりはないんだけど、いろいろ見聞きする話を自分の事に置き換えたら、なんと悲しいことなのかと思います。

戦時中の話ってなんか映画の世界のような錯覚がありません?
ほんとにあった話なんですよね
平和な時代しか知らない私達には信じられない世界が現実にあったんですもんね。



> 次世代を担う子供たちにこのことを伝え継いでいくとともに、明るく希望に満ちた気持ちで生き生きと生活していける今に感謝します。

親が戦争を知らない世代になってきているだけに
しっかり子供たちに伝えなければ同じ過ちが繰り返されますもんね
平和な時代に感謝。
2017-08-15 (Tue) 19:02 Web [ Edit ]
written by かのぼん
okokkeitarouさ~ん、まいどありがとさんでーす!^^

> こんにちは、かのぼんさん。

こんにちは、okokkeitarouさん(^-^)



> 連休できないんですね。
> それは辛いですね。
> 私は割り切れないので無理矢理休みますけどね(^-^;

連休というか、ほとんど休みがないです(爆)
私の仕事は日本一ブラックな業界で有名すから(ーー;)
ま、生きてるだけで幸福です(^^;)



> お父さん奇跡なんですね。
> かのぼんさんは帰ってきてから生まれたお子様なんだ。

そうなんですよ
だからこそ、人の命の尊さや大切さを身にしみて生きてこられたことに感謝してます。



> 戦争を知らないこども達は我々の世代。
> 戦争をバーチャルで見る今の世代。
> 戦争の悲惨さは年数が経つほどに薄れていきますからね。
> こういう話はとても貴重です。
> また来年も宜しゅうお願いします。

ありがとうございます。
戦争経験者から生の声を聞けた時代の人間だからこそ
今の若い人たちに戦争の怖さと愚かさを伝えていかなければならないんでしょうね。
同じ過ちを繰り返さないためにも。

2017-08-15 (Tue) 19:10 Web [ Edit ]
written by ヒツジのとっとちゃん
こんにちは。


広島県江田島の施設に行った時、海軍特攻隊の手紙を読みました。
10代の学生さんが死を覚悟して書いた手紙が展示されてます。
確か「天皇陛下万歳」なんて書いてませんでした。
「お母様へ」が多くの書き出しんあってました。
それも、凄い達筆です。

人間魚雷なんて、あまりにも切ない物です。

沖縄ひめゆりも見て、手紙も読んできました。

あんな世界、二度とないように望みたいです。
2017-08-15 (Tue) 19:25 Web [ Edit ]
written by かのぼん
マルクさ~ん、いつもおおきにどすえー!^^

> ほんと20歳前後の若者。
> 今も昔の人も同じだけ怖いはず!!

仰る通り!
昔の人は偉かったとか、辛抱強かったとか言うけど
今も昔も全く同じ条件ですからね
勘違いしたらあきませんね。



> 今もし息子が戦争に行かなければならないなら
> やっぱり絶対出したくない!

当然の想いでしょう。


> 私が代わりに戦いに行く予定です。無理だと言われたけど゚゚・(×_×)・゚゚・。。

よし! いざという時はマルクさんひとりで行ってきてください(笑)
でも多分マルクさんが行ったらそれで敵国はビビって降参するでしょう(爆)



> それくらい親御さんんのお辛かった気持ち・・・
> 想像以上だったと思います。

ですよね・・・
1枚目の出兵の写真で一番右で赤ん坊抱いてる女の人
親父のおふくろさんです。
気丈ですね・・・
内心は一緒の想いだったと思いますよ・・・


> かのぼんさんのお父様、男前ですね。

ありがとうございます^^
私、よく似てると言われます(爆)


> よくぞ御無事で戻られて奇跡ですね!
> そしてかのぼんさんたちが居て、娘さんが居て~と
> 未来永劫続くわけです。

ほんと、そういうことですよね
ご先祖様に感謝ですね。


> 戦争ほんと学ばいのか?と言いたいですね。
> ええ大人が相手をやり合い、勝っただ負けただ。
> バカじゃない。て鼻息荒くなります!!!

ほんと
トップの人たちはもっと頭のいい人なんでしょうしね
もうちょっとわかってほしいですね
まぁこういう人たちは実際戦争が起こっても前線に立つわけでもないし
ケガすることもない人達ですからね・・・


> お盆休みもほんと無いのは辛いです。
> 毎日繰り返す毎日。
> 終わりなき仕事など考えると気が遠くなるけど、

マルクさんもそうですよね
(あまり現実をここで書くのはどうかとも思うけど 笑)
なんか何が楽しみで生きてんねん?
なんて思うこともたまにありますよね(^^;)


> 1泊旅行これは本当ですね。
> 母も一緒に旅行行きたいと言いますが現実難しいです(;^0^)

王将でもらった旅行券で行ってきやはったら?
ほんま! 今のうち、親孝行してあげてくださいよー!
十分されてるけど(^^;)


> ほんとお疲れ様です。でクイズの答え先かぁ~~w

クイズの答え(笑)
だってさ、今回の記事、年に一回あるかないかの真面目な記事やん(爆)
そんな空気感の中でクイズの答えなんて書きにくかったんやん
そのへんのとこ、わかって~さ~
だははははは~!(^^;)
2017-08-15 (Tue) 19:31 Web [ Edit ]
written by まんねんず
かのぼん様の記事で…
ふと 日頃の自分を顧みて
日々淡々とした生かされている有難さに
心から✨感謝しなくてはと思いましたよ。
2017-08-15 (Tue) 19:37 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-08-15 (Tue) 19:38 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ヒツジのとっとちゃんさ~ん、ようこそいらっしゃ~い!^^

> こんにちは。

こんにちは(^-^)
初コメありがとうございます!



> 広島県江田島の施設に行った時、海軍特攻隊の手紙を読みました。
> 10代の学生さんが死を覚悟して書いた手紙が展示されてます。
> 確か「天皇陛下万歳」なんて書いてませんでした。
> 「お母様へ」が多くの書き出しんあってました。
> それも、凄い達筆です。

そう聞いてます・・・
みんな「おかぁさん、ありがとう さようなら」と言って飛び立っていったそうですね・・・
本当に現実にあったことなんですよね。



> 人間魚雷なんて、あまりにも切ない物です。
>
> 沖縄ひめゆりも見て、手紙も読んできました。
>
> あんな世界、二度とないように望みたいです。

はい・・・
ほんと、涙が止まりません・・・
全部命令してるのは戦争をする権限のある人で
戦争をしない権限のある人でもあるんです。
そしてその人は、戦争に参加しない安全な人なんです。
二度と同じ過ちを犯してはなりませんね。

2017-08-15 (Tue) 19:41 Web [ Edit ]
written by かのぼん
まんねんずさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼん様の記事で…
> ふと 日頃の自分を顧みて
> 日々淡々とした生かされている有難さに
> 心から✨感謝しなくてはと思いましたよ。

たしかに日頃、つまらんことに腹を立てたりしてしまいますよね
まぁそれも平和が故になんでしょうが
たまに、たまにでいいから
こうやって日々平和に暮らせている現在に感謝するのもいい事ですよね(^-^)
2017-08-15 (Tue) 19:48 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメさんへ

あ! わかったわかった!
今からそちらへマイルぜよ!
だはははは~!(*^^)v
2017-08-15 (Tue) 19:49 Web [ Edit ]
written by ami
かのぼんさん
本当に戦争は繰り返してはいけませんよね。
うちの父も、特攻隊への志願をしていたそうです(背が低くて、だめだった)
出兵の前の日に終戦。

戦争を体験してきた人のぶん、もっと平和を大事にしたいものです。
命をかけて守ってきてくれた国、今その人達に、どんな環境であっても、最後まで幸せに生きてほしいと思います。
2017-08-16 (Wed) 06:39 Web [ Edit ]
written by ぶらっくこーひー
かのぼぼんさん こんにちは~^

終戦の日、若しくは敗戦記念日。
敗戦が1年も前から分かっていて、
無駄な死を増やした軍人参謀達、
何故、記念日なのでしょうね?

父の死は牡丹江になっていますが、本当の所は分からないのです・・・
一応8月13日になっているがそれもね・・・

年を取るのしたがって腹立たしくなります!!

何処かと、どこかのバカないがみ合い、やめて・・・


な~~んだ次かいな!!(阿波弁かな?
2017-08-16 (Wed) 11:12 Web [ Edit ]
written by みけ
かのぼんさん
いつもお仕事お疲れ様です…✨
確かに連休があると
ちょっとゆっくりでき
休んだ気になりますよね…
うちのダンナも お盆休みがないので
毎年 お盆という気がしません(^^ゞ

お父様のお話
心に沁みました…
とは言っても 本当の辛さや悲しさは
わかってはないのかもしれませんが…

テレビで広島に配備されたPAC3の映像を観ましたが
周辺には 住宅地もあり
市民の方々が 不安そうに見守ってました。
終戦の日を迎えるこの時期に
こういう光景を見る事になるなんて
ちょっと悲しいな…と思ってしまいました(´・ω・`)
2017-08-16 (Wed) 14:31 Web [ Edit ]
written by かのぼん
amiさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん
> 本当に戦争は繰り返してはいけませんよね。

今、世界情勢がちょっときな臭いですよね
ほんと、愚かな行動だけはやめてほしいです。



> うちの父も、特攻隊への志願をしていたそうです(背が低くて、だめだった)
> 出兵の前の日に終戦。

今思えば身長低くてラッキーでしたね
そして終戦を迎えてまたまたラッキー!
お父様、強運の持ち主ですね!



> 戦争を体験してきた人のぶん、もっと平和を大事にしたいものです。
> 命をかけて守ってきてくれた国、今その人達に、どんな環境であっても、最後まで幸せに生きてほしいと思います。

戦争経験者が少なくなってきた現在
戦争経験者から生の声を聞いた私達が後世に語り続けていかなければなりませんね。


2017-08-16 (Wed) 14:48 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ぶらっくこーひーさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> かのぼぼんさん こんにちは~^

ようちゃん こんにちは~(^-^)


> 終戦の日、若しくは敗戦記念日。
> 敗戦が1年も前から分かっていて、
> 無駄な死を増やした軍人参謀達、
> 何故、記念日なのでしょうね?

所詮勝ち目のない戦いとわかっていて
つまらん意地だけで31万人もの犠牲者を出したのですからね
原爆記念日もなぜ記念日と表現するのか・・・
解せません。



> 父の死は牡丹江になっていますが、本当の所は分からないのです・・・
> 一応8月13日になっているがそれもね・・・

左様でしたか・・・
でも信じるしかないですよね・・・



> 年を取るのしたがって腹立たしくなります!!

わかります、同感です。


> 何処かと、どこかのバカないがみ合い、やめて・・・

つまらん意地やくだらんプライドなんて捨てて
世界中が平和でいられることだけを考えてほしいです。



> な~~んだ次かいな!!(阿波弁かな?

そやねん、次やねん!!(関西弁 笑)
こんな内容だったんでクイズの答えは次回ってことで~~~ヽ(^0^)ノ
2017-08-16 (Wed) 14:56 Web [ Edit ]
written by かのぼん
みけさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん
> いつもお仕事お疲れ様です…✨

ありがとうございます~
がんばってます~(^^;)


> 確かに連休があると
> ちょっとゆっくりでき
> 休んだ気になりますよね…

そうなんですよねー
とくに私は朝が早い(2時30分起き)なんで
休みの日は遊びに行っても午後3時くらいには家に帰らないといけない
そうなると現地にいられるのは午前中だけ
みたいな感じになるんで遠出が出来ないんですよ(^^;)


> うちのダンナも お盆休みがないので
> 毎年 お盆という気がしません(^^ゞ

みけさんとこもでしたか
お疲れ様です。


> お父様のお話
> 心に沁みました…
> とは言っても 本当の辛さや悲しさは
> わかってはないのかもしれませんが…

やはり戦争経験者は違いますね
私達が理解できないことが沢山あります。
わからないけれど後世に伝えていかなければいけませんね。



> テレビで広島に配備されたPAC3の映像を観ましたが
> 周辺には 住宅地もあり
> 市民の方々が 不安そうに見守ってました。
> 終戦の日を迎えるこの時期に
> こういう光景を見る事になるなんて
> ちょっと悲しいな…と思ってしまいました(´・ω・`)

ほんま仰る通りですね
現在世界情勢がちょっときな臭い状況になってます。
国のトップの人達は早くつまらん意地やエゴは捨てて
平和になることだけを考えていただきたいですね。


2017-08-16 (Wed) 15:08 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-08-16 (Wed) 17:06 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメさんへ

家族写真、おじいちゃん、おばぁちゃんとおじさんおばさんです。
この写真で現在生きているのはわずか3人です。
うち一人は商売失敗して何処へ行ったかわからない状態です。
先日、姉が亡くなった時、その二人と久しぶりに会えましたが
ほんと、年々減ってく一方で寂しいなと話してたとこです。
私も考えてみれば血の繋がった親兄弟は姉一人だけになってしまいました。
こうして生きている間に戦争の悲惨さ愚かさを後の世に伝えていかなければなりませんね。
世界情勢がおかしなことになってますね
本気でやる気でいるんでしょうか?
世が終わってしまうことに気づかないんですかね
抜いた刀を鞘に収める勇気を持ってほしいですね。
それが出来る国が本当に強い国だと思います。
2017-08-16 (Wed) 18:00 Web [ Edit ]
written by トマトの夢3
かのぼんさん、こんばんは♪

ご家族のお写真拝見し
胸が熱くなります
戦争の無い国を願いますね
本当に「万歳!」して送る家族はいないと思います
2017-08-16 (Wed) 21:26 Web [ Edit ]
written by なっつばー
かのぼんさん、毎日忙しくお過ごしなんですね。
それでも平和な世の中は素晴らしいですね。
わんこやにゃんこ、他にも可愛い家族に囲まれて笑っていられるんですものね。

家族写真は本当に嬉しい時にとりたいものですね。
出兵前の家族の胸の中を思うと、辛く悲しい気持ちになってしまいます。
2017-08-16 (Wed) 22:47 Web [ Edit ]
written by あとほ
おはようございます^-^
訪問が遅くなりました~
今日(17日)から後半戦のスタートです。
いつの時代も争い事が絶えませんね・・・
毎年お盆の時期は、戦争について考えさせられますね。
2017-08-17 (Thu) 09:17 Web [ Edit ]
written by かのぼん
トマトの夢3さ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん、こんばんは♪

トマトさん、こんばんは♪


> ご家族のお写真拝見し
> 胸が熱くなります

恐れ入ります。
内心は穏やかではなかったでしょう。



> 戦争の無い国を願いますね
> 本当に「万歳!」して送る家族はいないと思います

戦争の前線には行かないトップが決めるんですからね
おかしな話です。
2017-08-17 (Thu) 13:57 Web [ Edit ]
written by かのぼん
なっつばーさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> かのぼんさん、毎日忙しくお過ごしなんですね。

忙しいというより、人がいないんですよ(^^;)
ほとんどの人がすぐに辞めていきますから(ーー;)



> それでも平和な世の中は素晴らしいですね。
> わんこやにゃんこ、他にも可愛い家族に囲まれて笑っていられるんですものね。

仰る通りですね
わんにゃん達に癒されて笑っていられるんですもんね
至福の時間です(^-^)



> 家族写真は本当に嬉しい時にとりたいものですね。
> 出兵前の家族の胸の中を思うと、辛く悲しい気持ちになってしまいます。

内心は穏やかではなかったでしょう
でも下手なことを言うと「非国民」になってしまいますからね
恐ろしい世の中です
そんな恐ろしい世の中が二度と戻ってこないことを祈るばかりです。

2017-08-17 (Thu) 14:03 Web [ Edit ]
written by かのぼん
あとほさ~ん、まいどありがとさんでーす!^^

> おはようございます^-^

おはようございます(^-^)


> 訪問が遅くなりました~

いえいえ、来ていただいた事がうれしいです(o^^o)


> 今日(17日)から後半戦のスタートです。

お疲れでしょう
でもまたすぐ休みが来ますよね☆彡


> いつの時代も争い事が絶えませんね・・・
> 毎年お盆の時期は、戦争について考えさせられますね。

ほんと、いかなる事があっても同じ過ちは繰り返してほしくないですね!
2017-08-17 (Thu) 14:06 Web [ Edit ]
written by 梅サクラ
かのぽんさん♪こんにちは!

この時代に写真があるのは、珍しいですよね。
裕福なご家庭だったのでしょうね。
お父様、男前ですね。かのぽんさんはお父さん似なのでしょうか?
で、無事のお帰り、本当に良かったです♪

あ、私は「終戦記念日」としたけど、
「終戦の日」としたほうが良いですね。早速直そう・・・。
現在、とても危険な状態になって来ていますが、
いかに日本が攻撃扠せられないように、
首相初め、国を背負っている人に、真剣に考えて欲しいですね。
首相は「国民の命・財産・領土」を護るのが使命だと思いますので・・・。
2017-08-17 (Thu) 18:31 Web [ Edit ]
written by 桜ようかん
かのぼんさん こんばんは(^^)/

貴重なお写真ですね。
かのぼんさんにお父様よく似ていますね(#^^#)
美男子ですね~

20歳前後で戦争へ行くなんて…

我が家の祖父も戦争へ行って無事に帰還
しましたが 写真あったのでしょうか。。。
今となっては、もう少し話を聞いておけば良かったなぁ~と後悔です。(他界してます)
2017-08-17 (Thu) 18:51 Web [ Edit ]
written by かのぼん
梅サクラさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぽんさん♪こんにちは!

梅サクラさん♪ こんにちは!(^-^)


> この時代に写真があるのは、珍しいですよね。

だと思います。
親父が亡くなって遺品を整理してた時に見つけたアルバムです。


> 裕福なご家庭だったのでしょうね。
> お父様、男前ですね。かのぽんさんはお父さん似なのでしょうか?

小さい頃からよく似ていると言われてましたが
私は男前と言われた覚えがありません(笑)



> で、無事のお帰り、本当に良かったです♪

ありがとうございます。
おかげで今日の私がいるんですからね^^


>
> あ、私は「終戦記念日」としたけど、
> 「終戦の日」としたほうが良いですね。早速直そう・・・。

あはは^^ いえいえ、これは私個人の見解ですからね(^^;)
原爆記念日という表現にも違和感を感じてるんです。


> 現在、とても危険な状態になって来ていますが、
> いかに日本が攻撃扠せられないように、
> 首相初め、国を背負っている人に、真剣に考えて欲しいですね。
> 首相は「国民の命・財産・領土」を護るのが使命だと思いますので・・・。

国のトップを仕切るというのは大変なことでしょう
私にはわからない難しいことも沢山あるのでしょう。
でも!
戦争をして残るものは後悔しかないのですから
そこを踏まえてしっかり舵をとっていただきたいと願うばかりです。
2017-08-17 (Thu) 19:20 Web [ Edit ]
written by かのぼん
桜ようかんさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん こんばんは(^^)/

桜ようかんさん こんばんは(^^)/


> 貴重なお写真ですね。
> かのぼんさんにお父様よく似ていますね(#^^#)
> 美男子ですね~

私に親父が似てるのではなく
私が親父に似てるんでしょうね(笑)
子供の頃からそっくりと言われていました
嫌やったけど(爆)



> 20歳前後で戦争へ行くなんて…

ほんと・・・
考えられないですよね・・・



> 我が家の祖父も戦争へ行って無事に帰還
> しましたが 写真あったのでしょうか。。。

あったのかも知れませんね
見せたくなかったのかもしれませんよ
戦争経験者の人ってあまり戦争のことを語りたがらない人が多いような気がしますから・・・
でもそれって・・・
なんとなくわかるような気もします。



> 今となっては、もう少し話を聞いておけば良かったなぁ~と後悔です。(他界してます)

そうですね
戦争経験者からの生の声を私たちが聞いて
後世へと語り継がなければあきませんもんね
でないとまた同じ過ちを犯してしまうかもしれませんしね。
2017-08-17 (Thu) 19:27 Web [ Edit ]
written by reimi01
かのぽんさん 遊びにきました~^^

怒涛の一週間も無事に過ぎてホツ!としています^^


本当に
胸が締め付けられる思いがしますね
誰もがお国の為に何の疑いも無く身を捧げた歴史は
絶対忘れてはいけないし繰り返してはいけない事ですよね

そして
戦争の悲惨さを忘れ、又元来た道へ進もうとしている国、日本。
次世代の子供達を考える時、胸が痛みます。
そして
何も出来ないでいる無力な私

どうか
今の幸せを奪わないで!と願うしかありません

まだまだ
暑そうですが、体力保持で頑張って下さいね~~ヽ(^。^)ノ


2017-08-17 (Thu) 22:15 Web [ Edit ]
written by イヴまま
こんばんは かのぼん師匠ーー
貴重なお写真の数々を拝見して
戦争を知らない世代ではありますが
胸が苦しくなる思いです。
20歳といえばちょうど我が家のれもんにいたん。
平和な時代に育ち
のほほんっと生きています。
あ、私もです(;^_^A
「記念日」って本来は違う意味のような気がします。
ちいさなことかもしれませんが
言葉の受け止め方は大きく変わりますね。
2017-08-17 (Thu) 22:28 Web [ Edit ]
written by かのぼん
reimi01さ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぽんさん 遊びにきました~^^

ようこそ ウエルカムカム~(^-^)


> 怒涛の一週間も無事に過ぎてホツ!としています^^

とは言いながらちょびっと寂しいでしょ(^^;)


> 本当に
> 胸が締め付けられる思いがしますね
> 誰もがお国の為に何の疑いも無く身を捧げた歴史は
> 絶対忘れてはいけないし繰り返してはいけない事ですよね

当時はそういう教育がされてたんでしょうね
今では信じられない話ですが・・・



> そして
> 戦争の悲惨さを忘れ、又元来た道へ進もうとしている国、日本。

最近、日本も含めて、ちょっとおかしな方向へ進んでないか
疑いたくなりますね。



> 次世代の子供達を考える時、胸が痛みます。
> そして
> 何も出来ないでいる無力な私

それはみんな同じです。


> どうか
> 今の幸せを奪わないで!と願うしかありません

ほんと、仰る通りですね・・・


> まだまだ
> 暑そうですが、体力保持で頑張って下さいね~~ヽ(^。^)ノ

京都は相変らず35℃は越えてます~~~(^^;)
でも負けへんでーーー!(*^^)v

2017-08-17 (Thu) 22:36 Web [ Edit ]
written by かのぼん
イヴままさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> こんばんは かのぼん師匠ーー

こんばんは きゃわいい愛弟子さん(^-^)


> 貴重なお写真の数々を拝見して
> 戦争を知らない世代ではありますが
> 胸が苦しくなる思いです。

そうですね
でもそれが事実あった過去の歴史なんですよね
幸か不幸か? こういう戦時中の話を生の声で聞けた私たちが
次の世代へ語り継いでいかないとまた同じ過ちを犯しかねませんからね。



> 20歳といえばちょうど我が家のれもんにいたん。
> 平和な時代に育ち
> のほほんっと生きています。

そんでいいんです(^-^)


> あ、私もです(;^_^A

はい 私もです(;^_^A


> 「記念日」って本来は違う意味のような気がします。
> ちいさなことかもしれませんが
> 言葉の受け止め方は大きく変わりますね。

記念日という定義を知らないんで何とも言えないんですが
率直に終戦記念日って理解できない表現です。
あと原爆記念日も・・・
2017-08-17 (Thu) 22:44 Web [ Edit ]
written by 冷凍SANMA
こんばんは。

そうですね。
何度かお目にかかっていますね。
こちら、記事。
私の父も同じでした。

記念日なんて表現、違和感を感じます。

明日からお墓まいりに出かけます。
ちょっとだけお休みしますね^ - ^
2017-08-17 (Thu) 23:44 Web [ Edit ]
written by かのぼん
冷凍SANMAさ~ん、いつもありがとさんねー^^

> こんばんは。

こんばんは(^-^)


> そうですね。
> 何度かお目にかかっていますね。
> こちら、記事。
> 私の父も同じでした。

そうなんですね
ほんと大変な時代だったみたいですね。



> 記念日なんて表現、違和感を感じます。

原爆記念日も違和感を感じます。
全然記念日じゃないですよね・・・



> 明日からお墓まいりに出かけます。
> ちょっとだけお休みしますね^ - ^

は~い、気をつけて行ってらっしゃい( ^^)/
2017-08-18 (Fri) 10:28 Web [ Edit ]
written by たか
 俺は、君のためにこそ死ににいく
  
 石原慎太郎が制作総指揮・脚本を手がける、

こんにちは

遅くなりましたが 先日 せがれと ↑のDVD
観ました、
悲しい 時代ですね、 

我が母も 父も 青春時代が 戦中でした、 
今では 考えられません、 

ありがとうございました、 たか
2017-08-29 (Tue) 15:21 Web [ Edit ]
written by かのぼん
たかさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

>  俺は、君のためにこそ死ににいく
>   
>  石原慎太郎が制作総指揮・脚本を手がける、
>
> こんにちは

こんにちは(^-^)


> 遅くなりましたが 先日 せがれと ↑のDVD
> 観ました、
> 悲しい 時代ですね、 
>
> 我が母も 父も 青春時代が 戦中でした、 
> 今では 考えられません、 
>
> ありがとうございました、 たか

ほんと、二度と同じ過ちは繰り返してほしくないですね
戦争経験者が少なくなっていく現代
私たちが子供たちへ語り続けていかねばなりませんね。
こちらこそ、ご丁寧にありがとうございました。

2017-08-30 (Wed) 14:45 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/988-33b7b5b3