地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
より 快適に


ロンドンオリンピックも終わり、
そして今日、夏の甲子園も終わりました。
史上初、春夏決勝が同一カードという
大阪桐蔭 VS 光星学院、
3-0で大阪桐蔭に軍配があがりましたね。

東北にもエールを送ってましたが、
やはり地元の大阪もがんばってほしい、
という複雑な心境でした。

ところで今日ラジオで聞いたんですが、
この高校野球、1番得点が入ったイニングって
どのイニングだったと思います?

平成以後のデータらしいんですが、トップは

8回ウラ

次に

9回オモテ

なんだって。


やっぱり終盤にドラマがあるんですねぇ・・・。



そして・・・
新幹線にもドラマがあります・・・。

なぁ~んちゃって、
ちょっとこじつけ過ぎたかな?

だはははは~

さて、本題です。
歴代の東海道新幹線、
0系・100系・300系・500系・700系・N700系
と進化してきたのですが、
300系以後、進化していない所があるんです。

正確に言うと、変更していない点、なんですが、
何だと思います???

0系                         100系  
1 2
300系                       500系
3 4

700系                       N700系
5 6

答えは 1編成の座席定員数 なんです。
(500系を除く)

現在、東海道新幹線には 700系N700系 しか走ってませんが、それまでいろんな車両が、混在して走っていたんです。
(全部が同時期には走ってません)

0系が走行してた頃は 12両編成や 16両編成があったので、
当然定員数は変わってきますし、
100系からは16両編成に統一されましたが、
2階建て車両が、2両連結と4両連結がありました。
(基本1277名乗車)

そして300系以後、乗車定員数は

1323名 に統一されたんです。


何で?
 
 

それはホームに入線してくる編成(車両)によって、
ドアの停車位置にズレがあったんです。
500系ともなると、(ロングノーズのため)
ドアが無い、という場所もあったんです。
(性能がいいのに、早く姿を消した一要因でもあります。)

これでは乗客も戸惑いますよね。



そして、もうひとつ、

例えば500系が走行中、何らかの不具合が発生して停まった、としましょう。

代替車両に700系が来ました。
500系の定員数は1324名700系より一人多いんです。

もし500系が満席状態なら、
ひとり座れない人が出てくるわけです。


まぁそんな事態なんてまず起こらないでしょうが、
もしあなたが その座れないひとりに当たったら・・・

やっぱ不快・・・ ですよね。


そんな新幹線、感心せん!?

ですよね 


だはははは~!


すんません おやじギャグ で・・・
 
 


友人と二人で運営してるホームページです。
こちらもヨロシク!


ランキングに参加してます。
ポチっとワンクリックご協力ください!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
関連記事
[ 2012-08-23 (Thu) 17:45 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:未分類
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/80-d375e0a8