地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
さて昨日の続きです。
昨日はカタカナでしたので、今日は数字ですね。

まず下の写真をご覧ください。

485.jpg

この電車、というかこの車両、鉄道ファンならずとも、
どこかで見たことありませんか?

これ全国どこでも走ってる特急車両です。

系 
という車両なんですが、
数字の位でそれぞれ意味があるんです。

100の位の数字は電気の方式で分類されてます。

1~3  直流。
4~6  交直両流。
7・8   交流。

日本の鉄道には、直流式と交流式、2種類の電気方式があるんです。

写真の電車の100の位は なので、直流・交流、どちらの線路も走行できるわけです。
だから全国どこでも見かける電車なんです。

では10の位は、

0~2  通勤用の近郊型車両。
5~7  急行型車両。
     特急型車両。

と分類されてます。

ちなみに 試作車両になります。

1の位設計順序なんで、数字が大きいほど新しく出来た車両、という事なんですが、なぜか奇数になってます。



では昨日からのカタカナも含めて
おさらいしてみましょう。

クモハ 583-304
(最後の三桁は車両番号です。)

と、車両に表記されてたら、

運転室があり、モーター車、交直両流で、特急の普通車という事です。

583系
なは

クハ 103-412 
運転室があり、直流式の近距離の普通電車。

103系(大阪環状線)
103.jpg


なんかワカッタようなワカランような感じでしょうな・・・

だはははは~!


でもね、機関車や新幹線となると、
またちょっと話が変わってくるんですよ。

それはまた次の機会に!

これ以上書くと 嫌われそうなんで こんなもんにしときます。
だはははは~


ランキングに参加してます。
ポチっとワンクリックご協力ください!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
関連記事
[ 2012-08-09 (Thu) 19:33 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:未分類
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/66-66134cfa