地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
3、11


19年前の1月17日 AM5:46
熟睡中の私は今まで経験した事のない
異常な揺れに飛び起き
隣で爆睡中のかみさんを飛び越えて
まだ0歳の娘の上に覆いかぶさりました。

あ、いや別にかみさんはどうでもええ
というわけじゃありませんよ 

揺れも収まって落ち着き
さてまた寝ようか、と思ったのですが
何か気になる・・・

その頃は朝7時半頃に起きていたのですが
まぁええわ、たまには早起きして
さっきの地震情報でも見ようとテレビをつけました。

6時過ぎ・・・
どうやら震源は神戸の方で京都より揺れが酷かったよう
まだその程度の情報でした。

やがてテロップで
阪神高速が倒壊した模様
阪急伊丹駅が倒壊 
などが流れ出しました。

ん? 何? 阪神高速が倒壊?
どういう事か、にわかには理解できませんでした。

そして時間が経つにつれて徐々に
信じられない悲惨な光景が目に入ってきましてね
今まで経験したことのない
相当大規模な地震だと気づくまで
かなりの時間を要しました。

7時過ぎ頃だったかな?
かなり大きな余震がやってきまして
その後も数週間ずっと余震が続き
目に見えない恐怖感に襲われていましたよ。

かみさんと私、いつ何時も
どちらかが必ず娘の隣にいるようにしてましたね。


娘は0歳、もちろんこの時の記憶はないでしょう

だから私はこの日のリアルなニュースを
民法放送をVHSで6時間
8mmデッキでNHKを4時間
録画して残しているんです
娘が嫁入りの時に持たせようと思いましてね
決してあの日の事を風化させないように。



私の家での被害と言えば
小さな物が倒れ、コップが少々割れた程度で
被害のうちに入りません。

そんな私でさえ19年経った現在
あの時の恐怖は消えてません。


東北の一日も早い復興と
被災された方々達の平穏な日常が
一日も早く戻られることを
心から強く願っております。




当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
4つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
関連記事
[ 2014-03-10 (Mon) 18:36 ]   Comment(42) / TrackBack(0)
   Category:未分類
written by イヴまま
こんばんは かのぼん師匠ー

阪神高速が崩落してその下には車が・・・
そんなニュースを今も憶えています。
0歳の娘ちゃんを守る姿に
山田町の震災火事で赤ちゃんを抱え守った姿で
発見されたお母さんを想いました。
一番大切な存在が側にいてくれることが
どんなに幸せなのかを
いつも心に刻んでいたいですね。
2014-03-10 (Mon) 19:01 Web [ Edit ]
written by はちみつ
こちらでは朝起きてTVをつけて、あまりの大惨事に
驚きました。
その時の光景が今でも目に浮かびます。
私の知人の息子さんは神戸大学の学生で、親御さんの心配は
たいへんなものでした。
お嬢さん生まれたばかりでしたね。
守られて、こんなに大きく成長されて良かったです。

2014-03-10 (Mon) 19:33 Web [ Edit ]
written by みやこ草
あの時は、大変な被害に遭いました~
毎日、余震が何回も何回もきてたので
まともに寝ることは有りませんでした。

また、地震がくるかもしれないので

服を着たままで、寝ていました。><

周りの家も、全壊して・・・悲しかったです。
生きてる間、忘れることは出来ませんね!

怖くて、悲しくて、とても辛い日々でした。
私の病気も・・・
あのことが、原因で発症したのかもしれません。
2014-03-10 (Mon) 20:51 Web [ Edit ]
written by もちゆき
こんばんは。

明日で丸三年ですか、過ぎ行く時は無常にして早いものです。

年月日は違えど、関西にお住まいの皆さんも東のわたしたちも、記憶と悲しみを乗り越えて今と未来を作っていかなければいけませんね。

2014-03-10 (Mon) 21:24 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-10 (Mon) 21:29 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-10 (Mon) 21:55 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-10 (Mon) 21:58 Web [ Edit ]
written by seabreeze
こんばんは

かのぼんさんも体験されているのですね。
静岡は東海地震が来ると言われてもう何十年も経ちます。

海の直ぐ側にある我が家は3年前のあの津波が来たら・・・・

毎年、避難訓練で高台に登るのに何分かかるか・‥‥・なんてやっていますが、高齢者が多い地域ですのでどうなりますか。

それにしても東北ではまだ行方不明の方が多くいらっしゃるんですね。
なんとかご家族のもとに戻れることを祈るばかりです。
2014-03-10 (Mon) 22:07 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-10 (Mon) 22:23 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-11 (Tue) 00:14 Web [ Edit ]
written by 桃咲マルク
19年早いようで長い年月ですね。

私もあのときの事を覚えています。
うちも0歳だった息子に覆いかぶさったそうです。
ふすまを開けた隣にいたのです。

私はあまり記憶になく夫が未だに息子に言います。
子を守ってしまいますね。。。(これ昨年どこかで書いた気が?)(;^-^)

まさかまさかのテレビでの光景にただただ信じられなかったです。友達が神戸にいたのですが
未だにトラウマで怖いといいます。今は別のとこに住んでいますが、関西でも被害がそんな無かった私なども
怖さは味わいましたが、当事者の方の恐怖とはわからないものです。
どれだけの思いをされたか。けど少しでもみなで何か協力できればいいですよね。
2014-03-11 (Tue) 00:41 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-11 (Tue) 07:17 Web [ Edit ]
written by あとほ
おはようございます^-^
阪神淡路の時は、私は石油ファンヒーターの前で着替えてました。
地鳴りが聴こえてきてその後揺れだしたので
すぐにストーブを止めて、2Fに寝ている子供たちの様子を見に行きました。
家具を抑えながら、「あ~まだ家のローンが残っているのに…」って思いましたよ。
その後、名神は通行止めだったので下道で会社に何とかたどり着きました。
地震は起きたその瞬間、今までの生活を奪ってしまうので本当に怖いですね。
経験した人でないとわからない怖さです。
東北の震災も他人事と思わないで、これからも支援していかないといけないですね。
東北の震災で他の支援(足長育英とか盲導犬)が減っているのも事実です。
だから私はなるべく他の支援をするようにしています。
2014-03-11 (Tue) 07:47 Web [ Edit ]
written by かえるママ21
かのぼんさん、おはようございます。
阪神淡路大震災の時は、本当にあの高速道路が倒壊した様子のテレビの映像が忘れられません。
映画のワンシーンの様な、ありえない光景でしたね・・・・

東北の支援も、法の隙間からこぼれ落ちた、支援の受けられない人などにも、きめ細かい支援が届く柔軟な体制の構築が急務・・・など、色々な問題が出て来てますので、これからも見守って議論していかなくてはなりませんよね。
2014-03-11 (Tue) 12:01 Web [ Edit ]
written by かのぼん
イヴままさんへ

> こんばんは かのぼん師匠ー
> 阪神高速が崩落してその下には車が・・・
> そんなニュースを今も憶えています。

こんばんは
目に入ってくる光景すべてが
この世のものとは思えませんでした。



> 0歳の娘ちゃんを守る姿に
> 山田町の震災火事で赤ちゃんを抱え守った姿で
> 発見されたお母さんを想いました。

本能でしょうね


> 一番大切な存在が側にいてくれることが
> どんなに幸せなのかを
> いつも心に刻んでいたいですね。

普段、側にいてくれて当たり前と思いがちです
幸せの中にいると幸せを感じない・・・
当たり前が当たり前でなくなった時ではもう遅いですからね。
いつも感謝の気持ちをもっていかなければ。
2014-03-11 (Tue) 14:58 Web [ Edit ]
written by かのぼん
はちみつさんへ

> こちらでは朝起きてTVをつけて、あまりの大惨事に
> 驚きました。
> その時の光景が今でも目に浮かびます。

あの光景はにわかに信じられませんでした。


> 私の知人の息子さんは神戸大学の学生で、親御さんの心配は
> たいへんなものでした。

電話が繋がりませんでしたからね
いても立ってもいられなかったでしょう。



> お嬢さん生まれたばかりでしたね。
> 守られて、こんなに大きく成長されて良かったです。

ありがとうございます。
娘に子供が出来たとき、その子に
「おかぁさんが生まれた時、こんなことがあったんよ」
と伝えてくれたらと思います。
2014-03-11 (Tue) 15:04 Web [ Edit ]
written by かのぼん
みやこ草さんへ

> あの時は、大変な被害に遭いました~
> 毎日、余震が何回も何回もきてたので
> まともに寝ることは有りませんでした。
> また、地震がくるかもしれないので

そちらは震源に近かったから大変だったでしょう
余震て夜に多かったでしょ
次いつ来るかいつ来るかと恐怖の日々でしたね。



> 服を着たままで、寝ていました。><

わかります。


> 周りの家も、全壊して・・・悲しかったです。

心中お察しします。


> 生きてる間、忘れることは出来ませんね!

忘れられませんし忘れてはいけませんね。


> 怖くて、悲しくて、とても辛い日々でした。
> 私の病気も・・・
> あのことが、原因で発症したのかもしれません。

二度と味わいたくないですね。
2014-03-11 (Tue) 15:14 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-11 (Tue) 15:21 Web [ Edit ]
written by かのぼん
もちゆきさんへ

> こんばんは。
> 明日で丸三年ですか、過ぎ行く時は無常にして早いものです。

こんばんは。
仰る通り、早いもんで三年なんですが
復興は進んでないのが現実のようですね。



> 年月日は違えど、関西にお住まいの皆さんも東のわたしたちも、記憶と悲しみを乗り越えて今と未来を作っていかなければいけませんね。

教訓として未来に活かせていかないとね。
2014-03-11 (Tue) 15:26 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメ 関東某県さんへ

ありがとー
また見に行きますね!(^_-)-☆
2014-03-11 (Tue) 15:37 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメ T太さんへ

桂にお住まいだったんですね
そちらもかなり揺れたようですもんね
お察しします。
そうでしたか、大変でしたね
でもよく考えたら鍵さんは両方経験されたんですね

ははは・・・
いろいろお心遣いありがとうございます。
2014-03-11 (Tue) 15:41 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメ Kさんへ

ではお言葉に甘えて鍵なしでお伺いさせていただきますね。
お心遣い痛みいります
ご主人様にもよろしくお伝えください。
2014-03-11 (Tue) 15:44 Web [ Edit ]
written by かのぼん
seabreezeさんへ

> こんばんは
> かのぼんさんも体験されているのですね。

こんばんは 
京都は大きな被害はなかったので
体験とまでは言えませんが
あの恐怖は忘れられません。



> 静岡は東海地震が来ると言われてもう何十年も経ちます。

日本で一番恐い地域のイメージはあります。


> 海の直ぐ側にある我が家は3年前のあの津波が来たら・・・・
> 毎年、避難訓練で高台に登るのに何分かかるか・‥‥・なんてやっていますが、高齢者が多い地域ですのでどうなりますか。

備えあれば患いなし 訓練は大切だと思います。
万が一の時のために心の準備もしっかりしてくださいね。



> それにしても東北ではまだ行方不明の方が多くいらっしゃるんですね。
> なんとかご家族のもとに戻れることを祈るばかりです。

2633人の方がいまだに消息がわからないそうです
本当に全く同じ想いです。

2014-03-11 (Tue) 15:52 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメ Tさんへ

まだまだ多くの問題が山積みのようですね
鍵さんのご友人さん 心配ですね
早く元気になられる事を祈ってます。
2014-03-11 (Tue) 15:55 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメ 関東のMさんへ

富山から茨城への道のり、大変だったでしょう
京都から神戸へは普段1時間ちょっとで行けますが
この時は3日ぐらいかかってました。
こういう不測の事態は高速は止まりますし
幹線道路は動きませんね。
しかし引越しもままならなかったのですね
ほんま大変でしたね。

いえいえ、いろいろお話してくださって
私も勉強になりました。

うんうん、鍵さんの言いたい事、よくわかります。
でもどうでしょ
ブログに書かれてもいいと思いますよ
変に思われる方はそれはそれでいいじゃないですか
鍵さんのブログなんですからね。

体験話と、それに対する想い、考え、
心に沁みました。
2014-03-11 (Tue) 16:06 Web [ Edit ]
written by かのぼん
マルクさんへ

> 19年早いようで長い年月ですね。
> 私もあのときの事を覚えています。
> うちも0歳だった息子に覆いかぶさったそうです。
> ふすまを開けた隣にいたのです。
> 私はあまり記憶になく夫が未だに息子に言います。
> 子を守ってしまいますね。。。(これ昨年どこかで書いた気が?)(;^-^)

これは理屈云々じゃないですよね 
本能がそうさせてしまいますね。



> まさかまさかのテレビでの光景にただただ信じられなかったです。友達が神戸にいたのですが
> 未だにトラウマで怖いといいます。今は別のとこに住んでいますが、関西でも被害がそんな無かった私なども
> 怖さは味わいましたが、当事者の方の恐怖とはわからないものです。

京都と滋賀は大きな被害なく
恐さだけを体験できたので有難い事だったのでしょうね
お友達の方はお怪我はありませんでしたか?
さぞ心配されたことでしょう。



> どれだけの思いをされたか。けど少しでもみなで何か協力できればいいですよね。

悔やんでばかりではいけませんね
教訓として前向きに考えていきたいですよね。

2014-03-11 (Tue) 16:14 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメ mmさんへ

長く感じましたねぇ 終わらないんじゃないかと思いました。
あの光景はこの世のものとは思えませんでしたね
うそやろ? 何かの間違いやろ?
と思いましたね。
忘れられないし忘れてはいけませんね
子供たちにも伝えていかなければいけませんね。
2014-03-11 (Tue) 16:18 Web [ Edit ]
written by かのぼん
あとほさんへ

> おはようございます^-^
> 阪神淡路の時は、私は石油ファンヒーターの前で着替えてました。
> 地鳴りが聴こえてきてその後揺れだしたので
> すぐにストーブを止めて、2Fに寝ている子供たちの様子を見に行きました。
> 家具を抑えながら、「あ~まだ家のローンが残っているのに…」って思いましたよ。

お家は大丈夫だったんですか?
京都は大きな被害もなく
恐さだけ体験できたので有難い事だったんでしょうね。



> その後、名神は通行止めだったので下道で会社に何とかたどり着きました。

茨木でしたね、相当時間かかったでしょう。


> 地震は起きたその瞬間、今までの生活を奪ってしまうので本当に怖いですね。
> 経験した人でないとわからない怖さです。
> 東北の震災も他人事と思わないで、これからも支援していかないといけないですね。
> 東北の震災で他の支援(足長育英とか盲導犬)が減っているのも事実です。
> だから私はなるべく他の支援をするようにしています。

どんな形でもいいですから支援は続けていきたいですね。
2014-03-11 (Tue) 16:26 Web [ Edit ]
written by かのぼん
かえるママ21さんへ

> かのぼんさん、おはようございます。
> 阪神淡路大震災の時は、本当にあの高速道路が倒壊した様子のテレビの映像が忘れられません。
> 映画のワンシーンの様な、ありえない光景でしたね・・・・

この世のものとは信じられませんでした
自分の目を疑うって あの事を言うんでしょうね。



> 東北の支援も、法の隙間からこぼれ落ちた、支援の受けられない人などにも、きめ細かい支援が届く柔軟な体制の構築が急務・・・など、色々な問題が出て来てますので、これからも見守って議論していかなくてはなりませんよね。

全く仰る通りでまだまだ多くの問題が山積みされてるようですね。
どんな形でも、どんな小さな事でもいいですから
今の自分の出来る形で助け合っていかなければですね。
ヤフーのクリックの件、ありがとうございました。
2014-03-11 (Tue) 16:32 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメ 兵庫のMさんへ

そちらに伺いますね。
2014-03-11 (Tue) 16:33 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-11 (Tue) 22:15 Web [ Edit ]
written by ぶらっくこーひー
阪神大震災の時は此方は震度3でしたが、
もっと大きく感じました。
鳴門も大きな被害が出ました。
あまり報道はされませんでしたが、

私もすぐに、テレビを付けましたが、
分けが判りませんでした~~
今でも高速道路の映像は忘れられません。
すぐに、火災が起こったのもリアルタイムで見て、
地獄を見ているようでした。
もうと言うかまだと言うか、19年になるのですね?
2014-03-11 (Tue) 22:32 Web [ Edit ]
written by トムママ
もう19年になるんですね
最近では東北の悲惨が大きく出るので
阪神淡路の記憶は
私達の中でだんだん薄れてきてるように感じます
体験・被災された方は
何年経っても忘れられないのに…
近年の異常気象など見ていると
決して人事ではないですね
いつ、自分たちも被災者になるかもしれません
今日は改めて考えさせられる日になりました
2014-03-12 (Wed) 00:15 Web [ Edit ]
written by なっつばー
阪神淡路での震災の時、主人方の姪が兵庫に居たんです。
新築のアパートに居たので怪我はなかったのですが、水道管も破裂して部屋は水浸しになったそうです。
電車の動いている駅まで歩き、新潟の実家までやっとの思いで帰ることが出来たそうです。
その姪も、いまや4人のお母さんです。
0歳のお嬢さんがすぐに成人式を迎えられるようなお歳になったんですものね。
時間は早いです。
ただ、東北の方々の時間は止まってしまっているようで。
原発は怖いですね。

非常食はわんにゃんの分が重要~!!
さて、防災準備の見直しをしなくてはね。
2014-03-12 (Wed) 02:39 Web [ Edit ]
written by 梅サクラ
もう19年になりますか。
でも、あの光景は、今でも忘れません。
高速道路がぐにゃっと曲がった様子に
ビックリしました。
かのぽんさんが、0才の娘さんを咄嗟に
庇ったこと、さすが父親ですね。
で、娘さんはスクスクと育って、綺麗な女性に
なった事を思うと、感無量だと思います。

この時、古い建物が殆ど崩壊したと聞いたので、
私が住んでいた所も、古く、その後、今後の事を
思って、マンションに越しました。
2014-03-12 (Wed) 12:38 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメ Bさんへ

ごていねいにありがとうございます
こちらこそ末永くよろしくお願いします。
2014-03-12 (Wed) 15:42 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ぶらっくこーひーさんへ

> 阪神大震災の時は此方は震度3でしたが、
> もっと大きく感じました。
> 鳴門も大きな被害が出ました。
> あまり報道はされませんでしたが、

淡路島の被害を考えると
そちらも相当酷かった事とお察しします。



> 私もすぐに、テレビを付けましたが、
> 分けが判りませんでした~~
> 今でも高速道路の映像は忘れられません。

にわかに信じられない光景でした。


> すぐに、火災が起こったのもリアルタイムで見て、
> 地獄を見ているようでした。

夜の映像がまた怖かったです。


> もうと言うかまだと言うか、19年になるのですね?

いつまでも風化させてはいけませんね。
2014-03-12 (Wed) 15:46 Web [ Edit ]
written by かのぼん
トムママさんへ

> もう19年になるんですね
> 最近では東北の悲惨が大きく出るので
> 阪神淡路の記憶は
> 私達の中でだんだん薄れてきてるように感じます

どうしても時間というものが風化させてしまうんでしょうか
地元の私たちですら東北の方が気になります。



> 体験・被災された方は
> 何年経っても忘れられないのに…
> 近年の異常気象など見ていると
> 決して人事ではないですね
> いつ、自分たちも被災者になるかもしれません
> 今日は改めて考えさせられる日になりました

いつどこで何が起きても不思議ではないでしょう
物理的な準備はもちろん
心の準備も大切ですね。

2014-03-12 (Wed) 15:52 Web [ Edit ]
written by かのぼん
梅サクラさんへ

> もう19年になりますか。
> でも、あの光景は、今でも忘れません。
> 高速道路がぐにゃっと曲がった様子に
> ビックリしました。

しばらくは夢じゃないかと疑いましたね
あの光景は忘れられません。



> かのぽんさんが、0才の娘さんを咄嗟に
> 庇ったこと、さすが父親ですね。

理屈ではなく本能でしょうね。


> で、娘さんはスクスクと育って、綺麗な女性に
> なった事を思うと、感無量だと思います。

ありがとうございます。


> この時、古い建物が殆ど崩壊したと聞いたので、
> 私が住んでいた所も、古く、その後、今後の事を
> 思って、マンションに越しました。

左様でしたか
東日本大震災の時は大丈夫だったんですか?

2014-03-12 (Wed) 15:57 Web [ Edit ]
written by かのぼん
なっつばーさんへ

> 阪神淡路での震災の時、主人方の姪が兵庫に居たんです。
> 新築のアパートに居たので怪我はなかったのですが、水道管も破裂して部屋は水浸しになったそうです。
> 電車の動いている駅まで歩き、新潟の実家までやっとの思いで帰ることが出来たそうです。

あの時は京都から神戸まで1時間ちょっとで行けるところ
3日ほどかかってましたからねぇ
さぞご苦労されたかとお察しします。



> その姪も、いまや4人のお母さんです。

それはそれは 良かったです。


> 0歳のお嬢さんがすぐに成人式を迎えられるようなお歳になったんですものね。
> 時間は早いです。

娘に子供が出来たとき
この出来事を伝えていってくれたら と願ってます
決して風化させてはいけませんね。



> ただ、東北の方々の時間は止まってしまっているようで。
> 原発は怖いですね。

まだまだ問題が山積みされてるようですね。


> 非常食はわんにゃんの分が重要~!!
> さて、防災準備の見直しをしなくてはね。

そうですね、避難の仕方も考えておかないといけませんね。
2014-03-12 (Wed) 16:04 Web [ Edit ]
written by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-16 (Sun) 00:34 Web [ Edit ]
written by かのぼん
鍵コメさんへ

がんばって!
そちらに伺います。

2014-03-16 (Sun) 01:40 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/561-2a84db93