地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
シメます!

このビデオ編集関連の記事を書き始めたのが先週の日曜日だったので、今日で締めれたら区切りがエエ感じ、と思いつつ、締めれるかな?
と アヤフヤ? な モヤモヤ? な気分で書き始めま~す! だはははは~

さて作業が全て終了したら、最後にビデオファイルとして保存しましょう。

これも簡単です。「ムービーの保存」(下図の赤い部分)をクリック。

保存

すると、

    保存2

上のダイアログから項目を選択して保存できます。
まぁ、とりあえずコンピュータ用を選んでパソコンに保存するのが無難ですかね。

YouTubeにアップも間単に出来ますし、DVDにも焼けますので、
いろいろチャレンジしてビデオ編集を楽しんで下さい。

さて、1週間にわたって計8回 ビデオ編集 の話をしてきましたが、
正直、私の説明で理解してもらえたんやろか?
分かりにくかったやろうなぁ、と反省しつつ、文章で説明する難しさを痛感しました。

とにかく非破壊編集ですので、これ何やろ? と思ったらいじってみて下さい。

これで「ビデオ編集」というものにちょっとでも興味を持っていただけたら幸いに存じます。

まだまだ書きたい事がありますが、今回はこんなもんにしといて最後に「付録」として締めさせていただきます。




 付 録

ひとつのプロジェクトの適度な時間は15分!

カメラで撮った時間が2時間だろうが4時間だろうが、15分です。
せっかく撮影したから、あれもこれも入れたい、と思うのは当然でしょうが、
自分はともかく、他の人に観てもらえる限度は、だいたい15分と思っといて下さい。
ダラダラと長いビデオを見せられても嫌われるだけです。
それより、テンポよく、要所だけ観てもらう方が効果的です!

ジャケットも作ろう!

DVDに焼いて旅の同行者にプレゼント、喜んでもらえるはずです。
せっかく苦労して編集したビデオなんですから、レーベルやDVDケースにジャケットを作って遊びましょう。
旅の写真を入れてタイトルもカッコよく、DVD作成時にチャプターも入れたんでしたら、その案内もジャケットに入れておきましょう。

撮影段階で 編集を意識して撮ろう!

カットの基本は5秒、と言いましたが、私は撮影する時もそれを考えて、多少の前後の余裕とオーバーラップさせる分も考慮してワンカットだいたい8秒ぐらいにしてます。

無用なパンニング(左右に振る)やズームも出来るだけ避けた方が後から見やすい画面になります。

例えば新幹線に乗るとして、
① 列車の入線シーン
② 乗るシーン
③ 座席に座りました。
④ 列車の発車、駅から離れていくシーン。
ちょっと待った! ④はどないして撮るねん!
てな話になりますが、これも自分が乗る列車の前の列車が発車するのを撮影して編集で前後入れ替える。

余談ですが、
結婚式や披露宴の撮影、ホテルのシャンデリアや高砂席のブーケ、等を撮影しておいて、ちょっとした場面転換の時に2~3秒入れると全体が締まった感じに仕上がります。


ビデオの話、締めたのはええけど、明日から何書こ・・・???    だはははは~


何卒、ポチっと ワンクリック お願いします!



にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ








関連記事
[ 2012-06-17 (Sun) 10:31 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:未分類
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/26-518149b1