地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
初歩というより原始的?

今日は梅雨とは思えない良い天気
なのに外へ出たのはタバコを買いに出ただけ・・・
うむ・・・、ええかげんタバコも止めなければ、と思いつつ、
タバコを止めてたら今日は一歩も外へでなかったのか???
と分けワカラン公式を頭に描いてる今日この頃です。 だはははは~!

さて昨日の続き ビデオ編集 の話です。
ビデオは「画像」と「音声」の二つで成り立ってます。
今日は「音声」の方の話です。

以前、短編映画やショートコントみたいなビデオを作って遊んでたんですが、その中で、セリフのない動画を作ったんです。
その時、同じ画像に一方はシリアルな音楽を、もう一方にはちょっとおちゃらけた音楽を挿入したんです。

この二つ見比べてみると、背景の音が違うだけで、画像の印象が全然違って見えたんですよね。
百聞は一見にしかず、YouTubeでご覧下さい・・・
と言いたいところですが、やめときます。
なんせ主人公、私ですから・・・
だはははは~!

音が画像に与える影響力というのは馬鹿にならない、という事です。

そこで今日はパソコンや専用のソフトとかは使わず、
誰でも簡単に「音」だけ変える、ごっつう「アナログ」的な実験方法です。

用意するものは
① 編集したい動画の入った「カメラ」
② 普段使ってるDVDレコーダー(VHSでもブルーレイでも録画できるものならなんでもOK!)
③ お気に入りの音楽を再生できるプレイヤー

この三つが用意出来たら後は簡単です。
①の画像出力 (黄色のやつ) から ②の画像入力 (黄色のやつ) へ繋げます。
③の音声出力 (赤と白のやつ) から②の音声入力 (赤と白のやつ) も繋げます。
あとは②を録画状態にして、①と③を再生させるだけです。

文章にするとややこしいですが、要はダビングです。
撮ったビデオをTVで見るときに線を繋げるのと同じ要領です。
ただ音だけお気に入りの音にすりかえる、という事ですね。
当然ビデオの現地音は録音されません。

多分今、これを読んでほとんどの人が
なんじゃぁそりゃ~? あほみたい?
と思われてるんじゃないか、と思ってます。
でも馬鹿にする前に一度暇なときにでも実験してみて下さい!

ほんま! 絵(画像)が変わりますよ。

そして段々それだけでは、物足りなく感じるはずです。
そしてあなたは少しずつ「映像と音のトリックの世界」へひきずりこまれていくのです。 だはははは~

とまぁ今回はごっつう原始的な方法でしたが、
次回より現実的?なパソコンを使ったデジタルな編集方法を
原始的にブログっていくつもりです!


事を書いていて、アナログ時代を思い出しました。
大変やったけど、あれはあれで楽しかったなぁ。




ポチっと ワンクリック お願いします!




にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ










関連記事
[ 2012-06-10 (Sun) 19:22 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:未分類
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/19-111d538c