fc2ブログ
地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
夏がくれば思い出す




今年の夏はいつになく雨が多く降りましたね。

そのおかげもあってか猛暑日が少なかったので
気温の面では楽でした。

が しかし、夏大好き人間の私としては
不完全燃焼な夏ではありました。

ま、今年に限らず
毎年夏の終わりを迎えると
なんとなく物哀しい気持ちになるんですよね。

やはり8月15日の終戦の日があるからでしょうか。
(終戦記念日という表現が嫌いなもんで終戦の日と書きます。)

今年60歳を迎える私は
もちろん戦争は経験していません。

でも30年近く前に亡くなった親父からは
戦争の悲惨さを直接聞くことができました。


親父の出兵時の写真
5_20210823233654ae9.jpg


満州へ出兵したそうですが、その部隊 113名
日本へ無事帰ってこれたのは、
わずか 11名だったそうです。


満州にて
6_2021082323365508a.jpg


すぐ横で戦友が凶弾に倒れた事もあったそうです。


戦友と
7_20210823233656bd1.jpg


満州はまだマシな方やった、
南方へ行った戦友は特攻隊やったから
誰も帰ってこれへんだ。


と言っておりました。


そして

戦争は辛いとか、悲しいとか、したらあかん とか
そんなん言う以前の問題や。


とも言っておりました。


8_20210823233658c28.jpg


戦争の悲惨さは戦争を知らない私達には
想像を絶するなんて言葉すら当てはまらないんでしょう。

だから親父はあまり多くは語らなかったのだろうと
今となっては思います。


いかなる事があっても
同じ過ちは繰り返してはなりません。





そんな親父も私が結婚して娘が出来たときは
満面の笑みで喜んでくれました。


4_20210824000435a59.jpg


毎年夏になると旅行へ行ったのもいい想い出です。


静岡 伊豆旅行

3_202108232336500ee.jpg


青春時代に戦争を経験して
きっと辛い事の方が多かったはずなのに
いつも家族を笑わせてくれた親父でした。


長野旅行
9_2021082323365927a.jpg


令和3年8月27日、親父の二十七回忌です。


10_202108232337002d7.jpg



満州から無事帰ってきてくれてありがとう。





当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
3つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
関連記事
[ 2021-08-25 (Wed) 22:18 ]   Comment(26) / TrackBack(0)
   Category:日記
written by トマトの夢3
かのぼんさん、こんばんは♪

戦争を経験された者しか分からないこともあると思いますね
お父様の家族思いは悲惨な体験をされたからこそ
かと 勝手に想像します・・・
二十七回忌にはゆっくりお酒を呑みながら 語ってください
2021-08-25 (Wed) 23:09 Web [ Edit ]
written by ピーちゃんこ
おはようございます。
戦争は、怖いです。
私の母も戦争を体験しています。
軍事工場で働いた事もあったそうです。空襲も経験したそうです。
戦争の話は、事細かく聞かされてたのですが、幼かった私は、嫌でしょうがなかったです。
今も戦争映画等は、絶対に観ません。
父は、出兵する直前で終戦を迎えたそうです。
軍服姿の写真が残ってました。
2021-08-26 (Thu) 04:24 Web [ Edit ]
written by あとほ
おはようございます^-^
自分が産まれた20年弱前には戦争だったなんて
信じられないですよね!?
私の父は陸軍士官学校を出ているので、いわゆる軍人でした。
マニラで100人くらいの部隊を持っていたそうです。
日本に帰国してから結核になったのですが、
何とか当時出始めたスプレプトマイシンで命拾いしたようです。
父親は、あえて自分から戦争の話をしなかったですね。聞けばいろいろ当時のことを教えてくれました。
12年前に亡くなりましたが、生きていれば96歳でしたね。
2021-08-26 (Thu) 06:34 Web [ Edit ]
written by aishinkakura
かのぼん様
おはよう御座います。

いいお父様ですね。辛い思いをした分、もっと
長生きしてほしかったと思います。
戦争に行った人はその話をしませんね。
やはり思い出したくないことが沢山あるのでしょう。
私がもし戦争に行ったら敵といえども殺せるかどうか
わかりません。
歳をとってきて虫も殺せなくなりました。

愛新覚羅
2021-08-26 (Thu) 06:52 Web [ Edit ]
written by onorinbeck
お父さん大変な思いをされたんですね。
ほんと生きて帰れた事感謝だと思います。
2021-08-26 (Thu) 08:26 Web [ Edit ]
written by かのぼん
トマトの夢3さ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん、こんばんは♪

トマトさん、こんばんは~♪


> 戦争を経験された者しか分からないこともあると思いますね
> お父様の家族思いは悲惨な体験をされたからこそ
> かと 勝手に想像します・・・
> 二十七回忌にはゆっくりお酒を呑みながら 語ってください

ありがとうございます。
戦争経験者は屈強な精神力を持ってますね
多少の事では動じませんもんね。
来世は戦争とは無縁の平和な世界で
のんびり過ごしてほしいです。
2021-08-26 (Thu) 12:48 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ピーちゃんこさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> おはようございます。

おはようございます(^.^)/


> 戦争は、怖いです。
> 私の母も戦争を体験しています。
> 軍事工場で働いた事もあったそうです。空襲も経験したそうです。
> 戦争の話は、事細かく聞かされてたのですが、幼かった私は、嫌でしょうがなかったです。
> 今も戦争映画等は、絶対に観ません。

私も母親から防空壕の話を聞いたことあります。
枚方の弾薬庫が空襲を受けたとき
京都からでも枚方上空が真赤に染まるのが見えてたそうです。
この世の絵とは思えなかったでしょうね。



> 父は、出兵する直前で終戦を迎えたそうです。
> 軍服姿の写真が残ってました。

出兵しないで済んだのですね
それは良かったです!
強運の持ち主ですね☆彡
2021-08-26 (Thu) 13:00 Web [ Edit ]
written by かのぼん
あとほさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

> おはようございます^-^

おはようございます(^.^)/


> 自分が産まれた20年弱前には戦争だったなんて
> 信じられないですよね!?

いやほんとそうですよね
遠い昔の話じゃないですよね!


> 私の父は陸軍士官学校を出ているので、いわゆる軍人でした。
> マニラで100人くらいの部隊を持っていたそうです。
> 日本に帰国してから結核になったのですが、
> 何とか当時出始めたスプレプトマイシンで命拾いしたようです。
> 父親は、あえて自分から戦争の話をしなかったですね。聞けばいろいろ当時のことを教えてくれました。
> 12年前に亡くなりましたが、生きていれば96歳でしたね。

私達の年代の父親は何らかの形で戦争と関わっていますよね
あとほさんのお父様はフィリピンの方へ行かれてたのですね
結核は昔は不治の病でしたからね
あとほさんおお父様も強運の持ち主だったんですね。
そうそう、戦争を経験された方は
戦争の事をあまり語りませんね
よほど辛い経験だったのでしょうね・・・

2021-08-26 (Thu) 13:08 Web [ Edit ]
written by かのぼん
aishinkakuraさ~ん、まいどありがとさんでーす!^^

> かのぼん様
> おはよう御座います。

aishinkakura様 おはようございます(^.^)/


> いいお父様ですね。辛い思いをした分、もっと
> 長生きしてほしかったと思います。

ありがとうございます。
73歳の時、大動脈瘤三か所破裂で
一瞬でこの世を去っていきました。
最後も潔かったです。



> 戦争に行った人はその話をしませんね。
> やはり思い出したくないことが沢山あるのでしょう。

そうなんでしょうね
言いたくもないし
それと簡単に一口で言い表せないことなんでしょうね。


> 私がもし戦争に行ったら敵といえども殺せるかどうか
> わかりません。
> 歳をとってきて虫も殺せなくなりました。

いいじゃないですか
平和な証拠です。


> 愛新覚羅

いつもありがとうございます。
2021-08-26 (Thu) 13:17 Web [ Edit ]
written by かのぼん
onorinbeckさ~ん、まいどありがとさんねー!^^

> お父さん大変な思いをされたんですね。
> ほんと生きて帰れた事感謝だと思います。

もし帰ってこれていなかったら
今の私は存在してませんもんね^^;
2021-08-26 (Thu) 13:18 Web [ Edit ]
written by reimi
かのぽんさん こんにちは~。

どんな場合でも戦争は絶対ダメですよね。
私たちは戦争を知らない時代になって
それでも聞いたお話は悲惨すぎます。
私の父は
大ききな商船に乗っていて世界中を回っていて
途中で爆撃に会い2月冬の海に投げ出されて
助かったのは数人とか。
身体の半分以上は冷凍状態で、よく生きていたなって思います。
時あるごとに聞かされていました。
そんな悲惨な話が日常にあるのが戦争。

今、コロナという爆弾が漂っていますが
一日も早く収まってほしいですね。
2021-08-26 (Thu) 17:05 Web [ Edit ]
written by 桜ようかん
かのぼんさん こんばんは(#^.^#)

かのぼんさんのお父さん、
明るく元気な笑顔の素敵な方だったのですね☆
とても良い写真です(*^▽^*)
旅行に出かけた写真の笑顔最高です!!


2021-08-26 (Thu) 17:37 Web [ Edit ]
written by ぶらっくこーひー
かのぼ~んさん こ~んにちは。

今も戦争している国に、あほらしい事やめにしようよね?と言いたいです!!
国民をいじめて国の為にはならないです!!

ひょっとしたら、満州で私の父とお会いしてるかも~~
そんな妄想でちょっと慰めてみました。
あるはずがないのにね?

辛かったことは家族には言えないものです。
私の父は満州で飛行機の格納庫を立てたり鉄道にも関わったと聞いています。
終戦か前に戦死をしました。
牡丹江でなくなったことになっています・・・」
私の母も帰国する時、随分苦労したでしょうにほとんど何も私には言わなかった。
私も聞かなったのですけどね?

お父様は明るい方だったのですね?
でも、きっと心の中は苦しかったと思います。
もうじき27回忌、お酒を苦も交わしてお父様の笑顔思いだしてくださいね?
2021-08-26 (Thu) 17:46 Web [ Edit ]
written by ami
かのぼんさん、
戦争へ行かれた方、日本で空襲にあった方、
多く語ませんよね。
同じ事が繰り返されませんように!
お父様、楽しい時間をたくさん過ごせて本当によかったです。

父は、戦争に行く数日前に終戦を迎え、行きませんでしたが、東京の空襲の中、母伝いに、聞いて、たくさんの犠牲者を見てきた話しは、絶するものでした。
ちなみに、特攻隊志望だったらしいのですが、背が足りなかったとのこと、、、、苦笑
微妙な気持ちのことですが、、、足が短くてよかった!
2021-08-26 (Thu) 20:27 Web [ Edit ]
written by なっつばー
語りたくとも語り切れないものがあったでしょうね。
出兵した方も、家を守っていた方も、誰一人得なんてなかったんだと思います。
それでは何故?
それも分からないままに、いまだに戦いの中に居る国もあって・・・。
お父様の笑顔は生きて帰ってこられたからこそ。
ご家族に囲まれて幸せな時間を過ごすことが出来て良かったです。
かのぼんさんという孝行息子さんにも恵まれましたしね。
お嬢さんを抱っこしての満面の笑顔を見て、父も同じように笑っていたことを思い出しました。
2021-08-26 (Thu) 22:12 Web [ Edit ]
written by かのぼん
reimiさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぽんさん こんにちは~。

reimiさん こんにちは~♪


> どんな場合でも戦争は絶対ダメですよね。
> 私たちは戦争を知らない時代になって
> それでも聞いたお話は悲惨すぎます。

今の時代では考えられないことが
普通に当たり前のように行われてたようですね
人の尊厳なんて微塵もなかったようですね・・・



> 私の父は
> 大ききな商船に乗っていて世界中を回っていて
> 途中で爆撃に会い2月冬の海に投げ出されて
> 助かったのは数人とか。
> 身体の半分以上は冷凍状態で、よく生きていたなって思います。
> 時あるごとに聞かされていました。
> そんな悲惨な話が日常にあるのが戦争。

そうだったんですか・・・
reimiさんのお父様もほんと大変だったんですね
戦争を経験して生き残れた人なんて
みんな強運の持ち主としか考えられません。
これは天災ではなく人災なんですからね
国の指導者のエゴ以外なんでもありませんからね
二度と同じ過ちをしてはなりませんね。



> 今、コロナという爆弾が漂っていますが
> 一日も早く収まってほしいですね。

一日も早くワクチンの供給と
治療薬が出てきてほしいですね。

2021-08-26 (Thu) 23:19 Web [ Edit ]
written by かのぼん
桜ようかんさ~ん、いつもありがとさんでーす!^^

> かのぼんさん こんばんは(#^.^#)

桜ようかんさん こんばんは(#^.^#)


> かのぼんさんのお父さん、
> 明るく元気な笑顔の素敵な方だったのですね☆
> とても良い写真です(*^▽^*)
> 旅行に出かけた写真の笑顔最高です!!

73歳の時に大動脈瘤三か所破裂で
一瞬でこの世を去りました。
まだ私も30過ぎの出来事で
何が何だかわからなかったです。
ちょっと早かったかなぁ
と思ってますし
もうちょっと長生きしてほしかったですね。
2021-08-26 (Thu) 23:26 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ぶらっくこーひーさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> かのぼ~んさん こ~んにちは。

よ~~うちゃ~~ん こ~~んにちは~(^^♪


> 今も戦争している国に、あほらしい事やめにしようよね?と言いたいです!!
> 国民をいじめて国の為にはならないです!!

戦争の前線に立ってる人間は何も悪い事してないんですよね
国とトップのエゴでしかないですよね!



> ひょっとしたら、満州で私の父とお会いしてるかも~~
> そんな妄想でちょっと慰めてみました。
> あるはずがないのにね?

いや~それはわかりませんよ
ひょっとしたら同じ部隊で
同じ釜の飯を食った戦友だったかも・・・



> 辛かったことは家族には言えないものです。
> 私の父は満州で飛行機の格納庫を立てたり鉄道にも関わったと聞いています。

じゃああの満鉄にも関わっておられたのかな?


> 終戦か前に戦死をしました。
> 牡丹江でなくなったことになっています・・・」
> 私の母も帰国する時、随分苦労したでしょうにほとんど何も私には言わなかった。
> 私も聞かなったのですけどね?

左様でしたか
終戦の日に亡くなられた人もいらっしゃるんですよね
なぜもっと早く終戦を迎えられなかったのでしょうね
無理だということは、とうの前からわかっていたはずなのに・・・


> お父様は明るい方だったのですね?
> でも、きっと心の中は苦しかったと思います。
> もうじき27回忌、お酒を苦も交わしてお父様の笑顔思いだしてくださいね?

ありがとうございます。
辛かったことはあまり語らなかったですね
語ったところで戦争をしたという事実が消えるわけではないですもんね。
過去を変えることは出来ませんが
未来を変えることは出来ます。
だから二度と同じ過ちを起こさないようにせねばなりませんね。
2021-08-26 (Thu) 23:40 Web [ Edit ]
written by かのぼん
amiさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん、
> 戦争へ行かれた方、日本で空襲にあった方、
> 多く語ませんよね。
> 同じ事が繰り返されませんように!

多くを語りたくもないでしょうし
簡単には語りつくせるものでもないんでしょうね。
だからこそ二度と同じ過ちを繰り返してはなりませんね。


> お父様、楽しい時間をたくさん過ごせて本当によかったです。

いつも笑顔を絶やさなかった父でした。
私も負けてられませんね(^^;



> 父は、戦争に行く数日前に終戦を迎え、行きませんでしたが、東京の空襲の中、母伝いに、聞いて、たくさんの犠牲者を見てきた話しは、絶するものでした。

戦争に行かずに済んで良かったです!
でも内地にいる人間も
想像を絶するような苦しみや地獄を見てきたんでしょうね。


> ちなみに、特攻隊志望だったらしいのですが、背が足りなかったとのこと、、、、苦笑
> 微妙な気持ちのことですが、、、足が短くてよかった!

足短くて良かったですね~~(笑)

でも本当に志願されてたんでしょうか・・・
教育って怖いです。
2021-08-26 (Thu) 23:47 Web [ Edit ]
written by かのぼん
なっつばーさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> 語りたくとも語り切れないものがあったでしょうね。

そんな簡単に言葉で言い表せるような次元じゃなかったのでしょう。


> 出兵した方も、家を守っていた方も、誰一人得なんてなかったんだと思います。
> それでは何故?
> それも分からないままに、いまだに戦いの中に居る国もあって・・・。

実際の前線に立ってる人たちは
何の得もなく苦しい思いしかしてなかったでしょうね
それは敗戦国でなくても一緒だったでしょう。



> お父様の笑顔は生きて帰ってこられたからこそ。
> ご家族に囲まれて幸せな時間を過ごすことが出来て良かったです。
> かのぼんさんという孝行息子さんにも恵まれましたしね。
> お嬢さんを抱っこしての満面の笑顔を見て、父も同じように笑っていたことを思い出しました。

ありがとうございます。
ほんと昔の人ってみんな精神力が強かったですね
戦争というものを経験すると
それ以上に怖いもんは無くなるのでしょうね。
だからこそ二度と同じ過ちを繰り返してはなりませんね。

2021-08-26 (Thu) 23:56 Web [ Edit ]
written by 冷凍SANMA
こんにちは、かのぼんさん。

この時期、毎年お目にかかって。
お父様のお写真。

家族旅行も楽しそうな満面の笑みですね^^
2021-08-27 (Fri) 16:39 Web [ Edit ]
written by かのぼん
冷凍SANMAさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> こんにちは、かのぼんさん。

こんにちは、冷凍SANMAさん(^^♪


> この時期、毎年お目にかかって。
> お父様のお写真。

毎年一回だけですが
戦争の記事は欠かさないように心がけています。



> 家族旅行も楽しそうな満面の笑みですね^^

今となっては良い想い出の1ページです(*^^*)
2021-08-27 (Fri) 22:13 Web [ Edit ]
written by ゆうや
戦争の悲惨さは本当に体験した人にしか分からないのでしょうね。

赤ちゃんにビールを傾ける豪快なお父さんですね。

大変な想いをしているから優しく、人を笑わせることができたのかもしれませんね。

素敵な写真をたくさんありがとうございます。
2021-08-27 (Fri) 23:22 Web [ Edit ]
written by イヴまま
こんにちは かのぼん師匠ー
戦地のことを話されたお父様の気持ちは
どんなだったでしょう。
語ることができなかったことも
多かったのかもしれませんね。
映画の中でしか知らない戦争ですが
そういった画像を見るたびに
もし我が子だったら・・・と
姿を重ねてしまいます。
のぞみちゃんを抱いてお酒の瓶をもって
心からの笑顔のお父様
お空でもご機嫌な笑顔で
見守ってくださっていることでしょう。

2021-08-28 (Sat) 17:35 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ゆうやさ~ん、ようこそいらっしゃ~い!^^

> 戦争の悲惨さは本当に体験した人にしか分からないのでしょうね。

一日二日で語りつくせることじゃないんでしょうね・・・


> 赤ちゃんにビールを傾ける豪快なお父さんですね。

豪快と言うか無茶というか(笑)


> 大変な想いをしているから優しく、人を笑わせることができたのかもしれませんね。

辛い経験をした人ほど他人に優しいですもんね。


> 素敵な写真をたくさんありがとうございます。

こちらこそ拙い記事にありがとうございました!


2021-08-28 (Sat) 19:15 Web [ Edit ]
written by かのぼん
イヴままさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> こんにちは かのぼん師匠ー

こんにちは きゃわいい愛弟子さん!(^^)!


> 戦地のことを話されたお父様の気持ちは
> どんなだったでしょう。
> 語ることができなかったことも
> 多かったのかもしれませんね。

語らなかったことの方が
きっと多かったと思います。
簡単に言葉で表現できる次元の話じゃなかったのでしょう。



> 映画の中でしか知らない戦争ですが
> そういった画像を見るたびに
> もし我が子だったら・・・と
> 姿を重ねてしまいます。

わが子が特攻隊として戦闘機に乗り込み
敵地へ飛び立っていき
「おかぁさんばんざい」といって最期を迎える。
信じられないことですが
これは現実にあったことなんですからね・・・
そして現在も戦争をしている国があることもまた事実です。



> のぞみちゃんを抱いてお酒の瓶をもって
> 心からの笑顔のお父様
> お空でもご機嫌な笑顔で
> 見守ってくださっていることでしょう。

ありがとうございます。
二十七回忌ともなると
もうどこかで生まれ変わっているかもしれませんね。
来世こそ戦争とは無縁の平和な世界で
のんびりと暮らしてくれてたらいいなと思っています。
2021-08-28 (Sat) 19:32 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/1426-7f2710b1