FC2ブログ
地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
ニュースタイル?




里帰りしてきましたー 

と言っても私の実家は車で20分ぐらいの所でして
しかも両親は既に他界してますし
実家はもう無いんですよ 

だから正確に言いますと
お盆なんで実家付近を散策してきました!
というのが正解かな 


壬生寺
1_2020081823323508f.jpg


私が生まれ育った所は中京区の壬生(みぶ)という
京都市のど真ん中の町でしてね
実家のすぐ近くには壬生寺というお寺さんがありまして
歴史的に有名な場所とも知らずに子供の頃は
かくれんぼビー玉をする場所でした 


本 堂
2_20200818233237288.jpg


何を隠そう、私の出身保育園もここだったんですよ 


壬生寺保育園
3_2020081823323843e.jpg


懐かしいわ・・・

と言ってもほとんど登校拒否してたんで
保育園の思い出はあまりありませんが・・・  


6_202008182332426b6.jpg


現在は千体仏塔と呼ばれてるようですが
50年前の私の子供の頃は百地蔵と呼んでましてね
場所も今と違う場所にあってもっと低い位置にあったので
このお地蔵さんに乗って鬼ごっこなどをしてたんですよ 

今から考えたらお地蔵さんを足で踏みつけていたわけですから
バチ当たりなことをしてたもんです 
(今回のお参りの時、謝っておきました (^^;)


そしてこの辺りは泣く子も黙る新撰組の壬生駐屯地だったんですよ 


壬生屯所跡
5_20200818233241953.jpg


幕末は恐ろしい場所だったんでしょうね 


旧前川邸
4_202008182332401a8.jpg


壬生寺
私が子供の頃は殺風景なひなびたお寺さん
というイメージだったんですが
現在はすっかり観光化されて一部入場料をとってましたのでね
びっくりすると共に、変な表現ですが
ひさしぶりに会った旧友がえらい出世していた
という感じでした  


7_2020081823324455b.jpg


そうそう、私が小学生の低学年の頃は
ここで毎週月曜日になると夜店があって
たこ焼き屋さんや綿菓子など露店が出てたんですよ
毎週って、今から考えたらすごいことですよね 


この門の前には当時の親友の家があったんですが
現在は跡形もなくマンションになってたのがちょっと寂しかったです。




さてさて、思い出いっぱいの壬生寺を後にして
当時は賑わってた商店街を歩きました 


8_202008182332454d6.jpg


もちろんスーパーなんて無かった時代だったし
お肉屋さん、魚屋さん 靴屋さん お豆腐屋さん
全部対面販売でね、夕方になると買いもんに
おふくろの横について歩くのが好きでした 


9_20200818233247b17.jpg


そして毎日のように遊んでた近所の公園でしてね
今の季節、ラジオ体操はここでやってました 

すべり台やブランコの位置は当時と全く変わっていませんでした 


10_20200818233249a56.jpg


お~~~~っと!  
なにやら公園の向こうで電車が走ってますね 

そうなんです!
今や嵐山観光に欠かせない観光電車
嵐電(京福電鉄)がすぐ近くに走ってたんですよ 


当時は赤字路線のオンボロ電車だったんですがね (^^;
11_2020081823325030b.jpg


ここでちょっと鉄なお話をさせてくださいな 
 


次の写真をよ~くご覧ください。
登り勾配になってるのが確認できますよね。


12_202008182332522e2.jpg


この勾配、嵐電全線の中でここしかないんですよ
その理由はこの先で交差する山陰線にあるんですがね。


13_202008182332535b0.jpg


上の赤矢印が山陰線なんですが
高架の上を走ってるのになぜ嵐電も上へ勾配してるのか?
不思議ですよね?

下の写真は嵐電と山陰線が交差している場所なんですが
写真の中央下に嵐電が確認できますね?


14_2020081823325598d.jpg


これは実は昔は山陰線は高架ではなく地べたを走ってたんですよ。
だから嵐電はその上を走ってたんですが
私が高校生の頃に山陰線の高架工事が始まりましてね
工事を進めながらも現実は地べたを走らなければならない山陰線。
そこで嵐電の高さを山陰線の列車がギリギリ下に走れるぐらい降ろしたんですよ。

そして高架工事が終わって山陰線は上を走るようになって
現在は嵐電は意味もなく上の写真のような
中途半端な高さを走ってる状態になったんです 


15_20200818233256871.jpg


だから現在も山陰線の柱が変な感じでしょ
これは左の二本の柱の上が最初に完成させた山陰線の高架であって
右は当時地べたを走ってた場所なんですよ。
そしてそのあと、複線になって追加工事になったので
こんな歪な高架橋になってるんです 


とは言っても私にとっては全然違う光景がここには残ってましてね・・・


当時の山陰線は単線で蒸気機関車が走ってたんですよ
そして今では考えられないでしょうけど
線路の中も遊び場だったんです。

周りには草花がいっぱい咲いていて
チョウチョや虫がいっぱい飛んでたんです。

線路に耳を当てると遠くに走ってる汽車の音が聞こえるんですよ
まだ汽車は目で確認できないのにね
小さくカタカタと音が聞こえるんですよね
その音を聞いてるのが好きでした。

そして近くまで汽車が来ると
蒸気機関車の運転士さんが汽笛で注意してくれるんです。

そして私も線路から離れ運転士さんに敬礼すると
運転士さんが敬礼してくれるんです。

楽しかったな。



この話は50年前の頃の話です。
現在は当時と比べ物にならないほどスピードもありますし
列車の本数も当時は1時間に1本の時代の話です。
だから今は線路内に入るという行為は絶対にしないでください!
もちろん法律で罰せられますので。


17_20200818233259969.jpg


ご覧のように当時と変わらない町並みもあったし
当時には無かったマンションも沢山ありました。


18_20200818233301272.jpg


妙に気になったのはコインパーキングがやたら多かったことかな 


19_2020081823330249a.jpg


あの頃とは変わった風景の中に
お地蔵さんだけポツンとあの時代のまま残ってました 


20_20200818233304407.jpg



実家に帰って親兄弟に会ったわけでもなく
一緒に食事をしたわけでもなく
実家の近所を想い出散策・・・

こういうのも立派な「里帰り」と言ってもいいんじゃないかな !(^^)!
 





当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
3つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
関連記事
[ 2020-08-19 (Wed) 21:09 ]   Comment(18) / TrackBack(0)
   Category:日記
written by ヒツジのとっとちゃん
こんにちは。

懐かしい~~
平成の節分の日に行きました~~
スゴイ人でしたよ。
壬生狂言は見る事は出来ませんでしたが・・・

近藤勇さんの胸像、真正面はコワイお顔でしたが・・横顔はイケメンでした~~
あの龍神池の龍、大好きです!!!
2020-08-19 (Wed) 22:28 Web [ Edit ]
written by ピーちゃんこ
おはようございます。
m昔の光景がねび浮かぶのは、私も一緒です。
様変わりして実家の様子は、まったく違う物になってしまいました。
両親は、他界し、借家は、残っているけどボロボロ。。。
そして、住んでた処は、長閑だったのですが、高速道路が町を分断して何もかもが変わってしまって面影もかけらすらのこっていません。
京都は、古い都だから高速道路で景色が変わる事は、無いよね。
壬生寺は、実は、主人が独身の頃、写真を撮ったら心霊写真が撮れたんだそうです。
それ以来、怖くて足が向かないんだって。
一度、私も連れて行って欲しいのですが。。。
2020-08-20 (Thu) 04:56 Web [ Edit ]
written by あとほ
おはようございます^-^
昔の思い出の場所をこうして散策するのは楽しそうですね。
歩いているうちに昔の記憶がよみがえってきましたか?
嵐電のプチ情報、さすが、かのぼんさん!
そういうことだったんですね~
2020-08-20 (Thu) 06:39 Web [ Edit ]
written by aishinkakura
かのぼん様
おはよう御座います。

壬生といえば私の中ではなんといっても新選組です。
最初は壬生浪士組という名前でしたよね。

街並みに昭和が残っていていい雰囲気ですね。
スーパーがなかった時代は1軒づつ買い物をして
いくのですよね。しかも対面ですから時間がかかります。

嵐電と山陰線の話は面白いです。
渋谷駅の一番高いところに地下鉄の駅があるのも
同じような経緯ではなかったかと思います。

愛新覚羅
2020-08-20 (Thu) 07:03 Web [ Edit ]
written by トマトの夢3
かのぼんさん、こんにちは♪

お寺さんは かくれぼに丁度良く
日の暮れるまで 遊び呆け
親に叱られたっけ・・・

空気・土の・匂いもどことなく懐かしく感じたのではないでしょうか
里帰り良かったですねー (*^-^*)v
2020-08-20 (Thu) 11:09 Web [ Edit ]
written by みけ
実家の近くを散策…
小さい頃の思い出と一緒に歩くのも
楽しそうです🍀(*´ω`*)

かのぼんさんは
壬生寺の保育園だったとか…
私は 教会がやってる幼稚園に
行ってました(^^ゞ

えー(笑)
保育園時代は 登校拒否だったんですか!!
今のかのぼんさんからは
想像できないです~

かのぼんさんの思い出と共に歩く中
嵐電と山陰線のお話など
興味深い話もあり
またひとつ鉄道に詳しくなっちゃいました
(〃 ̄ω ̄〃ゞ

昔の山陰線のお話。
のどかな風景や
線路に耳を当て
遠くに走ってる汽車の音を聞いたり
運転手さんとの交流など
今では体験できないような風景が
浮かんできて
心が癒される気がしました💖

便利で速くなった今の鉄道ですが
こういう匂いのする鉄道も
いいもんですね(*^-^*)

ゴトンゴトン走ってた
鈍行電車の音を
思い出してしまいました(*´ω`*)💚
2020-08-20 (Thu) 14:23 Web [ Edit ]
written by 桜ようかん
かのぼんさん こんばんは(*^-^*)

想い出散策、懐かしかったでしょう(#^.^#)
良い思い出が沢山♪♪
車掌さんから、敬礼返しされるの
嬉しいですね~(#^.^#)
懐かしい商店街、昔は対面で豆腐屋さんや
タバコ屋さん等色々なお店ありましたね!!
桜ようかんも、自分の懐かしい事も
思い出しました(*´ω`*)

高架が出来たり、町の様子が随分と代わり
ましたが懐かしさも残っていて良かったですね♪

かのぼんさん、立派な保育園へ通われていたのですね!!かくれんぼしたり、ビー玉したり
良い時代です(#^.^#)
2020-08-20 (Thu) 18:15 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ヒツジのとっとちゃんさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> こんにちは。

こんにちは(^^)/


> 懐かしい~~
> 平成の節分の日に行きました~~
> スゴイ人でしたよ。
> 壬生狂言は見る事は出来ませんでしたが・・・

お~! 節分の日にお見えでしたか^^
ここは京都の節分祭の中でも
吉田神社と二分するくらい人気があるんですよ♪
だからすごい人だったでしょ^^
中学ぐらいになると好きな子を誘って行ったもんです(≧▽≦)


> 近藤勇さんの胸像、真正面はコワイお顔でしたが・・横顔はイケメンでした~~
> あの龍神池の龍、大好きです!!!

ここはね、私が子供の頃からあるんですが
もちろん今みたいに有料じゃなかったし
自由に出入りできてたんで
かくれんぼするのに使ってた場所だったんですよ
もし当時も有料だったらお小遣いがもちませんね?
だはははは~!(^^;

2020-08-20 (Thu) 22:44 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ピーちゃんこさ~ん、いつもありがとさんでーす!^^

> おはようございます。

おはようございます(^^)/


> m昔の光景がねび浮かぶのは、私も一緒です。
> 様変わりして実家の様子は、まったく違う物になってしまいました。

半世紀の年月が流れたんですからね
とくに今の時代は昔と違って移り変わりが激しいですからね。


> 両親は、他界し、借家は、残っているけどボロボロ。。。
> そして、住んでた処は、長閑だったのですが、高速道路が町を分断して何もかもが変わってしまって面影もかけらすらのこっていません。
> 京都は、古い都だから高速道路で景色が変わる事は、無いよね。

たしかに大阪ほどではないけれど
阪神高速8号線(現在は第二京阪)や
京都縦貫道、京治バイパスなどの周辺は
全然光景が変ってしまいましたね。



> 壬生寺は、実は、主人が独身の頃、写真を撮ったら心霊写真が撮れたんだそうです。
> それ以来、怖くて足が向かないんだって。
> 一度、私も連れて行って欲しいのですが。。。

なるほど。
心霊写真が撮れても不思議ではない所ですからね
写真でも掲載してますが旧前川邸なんかは拷問があった場所ですからね
でもそういった観点から見ると
京都は歴史の紐解くとほとんどの場所が心霊写真が写っても
おかしくない場所ばかりですよ。
だから逆に言えば京都へ来る限り、その可能性があるんだから
気にせず壬生寺にもお見えになってください!(^^)!
2020-08-20 (Thu) 22:56 Web [ Edit ]
written by かのぼん
あとほさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

> おはようございます^-^

おはようございます(^^)/


> 昔の思い出の場所をこうして散策するのは楽しそうですね。
> 歩いているうちに昔の記憶がよみがえってきましたか?

ほとんどの建物やお店などはすっかり様変わりしてたんですが
銭湯があったり喫茶店が残ってたり散髪屋さんがあったりと
所々に当事の光景も残っていたのがうれしかったですね^^


> 嵐電のプチ情報、さすが、かのぼんさん!
> そういうことだったんですね~

この情報は本やテレビからではなく
実際に私がこの目で見てきた情報ですからね
間違いないです(*^^)v
2020-08-20 (Thu) 23:06 Web [ Edit ]
written by かのぼん
aishinkakuraさ~ん、まいどありがとさんでーす!^^

> かのぼん様
> おはよう御座います。

aishinkakura様 おはようございます(^^)/


> 壬生といえば私の中ではなんといっても新選組です。
> 最初は壬生浪士組という名前でしたよね。

清河八郎が仕組んだんでしたね
当時は女性隊士もいたそうです。


> 街並みに昭和が残っていていい雰囲気ですね。

古い町なんでね(^^;
でもそのせいで、田んぼや畑で遊んだ
という経験はなかったですね・・・



> スーパーがなかった時代は1軒づつ買い物をして
> いくのですよね。しかも対面ですから時間がかかります。

買いもんもひとつのコミュニケーションでしたもんね
このコロナの時代には考えられない(^^;


> 嵐電と山陰線の話は面白いです。

これは本やテレビなどからの受け売りではなく
私自身がこの目で見て体験した話なんで間違いありません(笑)


> 渋谷駅の一番高いところに地下鉄の駅があるのも
> 同じような経緯ではなかったかと思います。

なるほど^^
こういうのを紐解くと面白い話っていっぱいありますよね(*^^)v


> 愛新覚羅

いつもありがとうございます。
2020-08-20 (Thu) 23:23 Web [ Edit ]
written by かのぼん
トマトの夢3さ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> かのぼんさん、こんにちは♪

トマトさん、こんにちは(^^)/


> お寺さんは かくれぼに丁度良く
> 日の暮れるまで 遊び呆け
> 親に叱られたっけ・・・

にゃはは^^ そうでしたね
上着を脱いで遊んでて忘れて帰って
親に怒られて暗くなってから取りにいったことも^^



> 空気・土の・匂いもどことなく懐かしく感じたのではないでしょうか
> 里帰り良かったですねー (*^-^*)v

町の様子はすっかり変わってたけど
やっぱりその場所に帰ると
その時々の思い出が蘇って目には当時の光景が映ってました(*^^*)
2020-08-20 (Thu) 23:28 Web [ Edit ]
written by かのぼん
みけさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> 実家の近くを散策…
> 小さい頃の思い出と一緒に歩くのも
> 楽しそうです🍀(*´ω`*)

なかなか良かったですよ
コロナ対策で親族揃って食事もできない中
こういった形での里帰りもいいもんですよ^^


> かのぼんさんは
> 壬生寺の保育園だったとか…
> 私は 教会がやってる幼稚園に
> 行ってました(^^ゞ

お~! みけさんはクリスチャンやったんですね(笑)
だったら私は坊主になっちゃいますね(爆)



> えー(笑)
> 保育園時代は 登校拒否だったんですか!!
> 今のかのぼんさんからは
> 想像できないです~

姉が7月になったら夏休みでしょ
私は保育園で夏休みが無い
だからダダこねて行かなくなったんですよ
そして9月になって姉が学校へ行くようになっても
私は休み癖がついて結局登校しませんでした(^^;



> かのぼんさんの思い出と共に歩く中
> 嵐電と山陰線のお話など
> 興味深い話もあり
> またひとつ鉄道に詳しくなっちゃいました
> (〃 ̄ω ̄〃ゞ

こういう経緯を知って乗るのと知らないで乗るのは大違い!(*^^)v
嵐電に乗る機会があったら同行者に自慢してください(笑)


> 昔の山陰線のお話。
> のどかな風景や
> 線路に耳を当て
> 遠くに走ってる汽車の音を聞いたり
> 運転手さんとの交流など
> 今では体験できないような風景が
> 浮かんできて
> 心が癒される気がしました💖

ありがとうございます💛
ほんとあの頃はのんびりした時代でしたね
それだけにみんな心に余裕があったような気もします。
そこに温かい優しさもありましたね
今もほんの少しでいいからスローライフになった方が
心にゆとりが持てるんじゃないかな。



> 便利で速くなった今の鉄道ですが
> こういう匂いのする鉄道も
> いいもんですね(*^-^*)
> ゴトンゴトン走ってた
> 鈍行電車の音を
> 思い出してしまいました(*´ω`*)💚

自分一人だけそういう時空に戻ってしまったら
何か取り残された気持ちになるかもしれんけど
み~んなそういう時空に戻れたら
それはそれでいいような気もしますね
何でも早い方がいいとは限らないし
だからといって遅いのがいいとも限らない。
程よいスピードで慌てず騒がず
のんびり時間が流れてほしいですね(*^^*)
2020-08-20 (Thu) 23:51 Web [ Edit ]
written by かのぼん
桜ようかんさ~ん、いつもありがとさんでーす!^^

> かのぼんさん こんばんは(*^-^*)

桜ようかんさん こんばんは(*^-^*)


> 想い出散策、懐かしかったでしょう(#^.^#)
> 良い思い出が沢山♪♪

きっと嫌なことも沢山あったんでしょうが
いい想い出しか残ってませんね(^^;
ま、ええことやんね(^_-)-☆


> 車掌さんから、敬礼返しされるの
> 嬉しいですね~(#^.^#)

あの頃はのんびりした時代でしたね
みんな心に余裕があったような気がします。


> 懐かしい商店街、昔は対面で豆腐屋さんや
> タバコ屋さん等色々なお店ありましたね!!
> 桜ようかんも、自分の懐かしい事も
> 思い出しました(*´ω`*)

桜ようかんさんが見てきた光景と
私が見てきた光景は全然違うんでしょうけど
心の中に残ってる感覚は私も桜ようかんさんも
全く一緒だと思います!(^^)!


> 高架が出来たり、町の様子が随分と代わり
> ましたが懐かしさも残っていて良かったですね♪

50年の歳月が流れているわけですから
当然当時と光景が違うのは当たり前なんですが
私の目に映る光景は当時の光景が見えてたような気がします(*^^*)


> かのぼんさん、立派な保育園へ通われていたのですね!!かくれんぼしたり、ビー玉したり
> 良い時代です(#^.^#)

立派かどうかは知りませんがW
ほとんど登校拒否してたので
よくわかりません・・・
だはははは~!(^^;
でもたしかに良い時代でした(*^^)v
2020-08-21 (Fri) 00:03 Web [ Edit ]
written by ぶらっくこーひー一
かのぼ~んさん こんにちは~~

今年は皆さん実家に帰られてもゆっくりと出来ないですよね?
帰っても風景が変わってしまった所も沢山です。
市街地のかのぼんさんちはパーキング、
田舎のこちらは太陽電池パネルばかりです。

子供の頃は何処で遊んでも怖くはなかったですよね?
段々世の中、行動範囲が狭くなったような気がします。
病気の所為ではなく息苦しいです~~

電車の運転手さんも余裕があったようですね?
子供にとって嬉しい対応でしたよね?
お地蔵さんは子供好きですね!!!
別に拝むこともないが、懐かしさがあります~~
2020-08-22 (Sat) 16:02 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ぶらっくこーひー一さ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼ~んさん こんにちは~~

よ~~うちゃ~ん こ~~んにちは~~(^^)/


> 今年は皆さん実家に帰られてもゆっくりと出来ないですよね?

ほんと、早くこのコロナ騒動が落ち着いてほしいですね。


> 帰っても風景が変わってしまった所も沢山です。
> 市街地のかのぼんさんちはパーキング、
> 田舎のこちらは太陽電池パネルばかりです。

場所と形は違えど
どこも様変わりしていってるんですね。



> 子供の頃は何処で遊んでも怖くはなかったですよね?
> 段々世の中、行動範囲が狭くなったような気がします。
> 病気の所為ではなく息苦しいです~~

いい悪いは別として
昔は線路や川や田んぼで遊べましたけど
今はいろいろあって遊べなくなりましたね
子供たちが可哀そう・・・



> 電車の運転手さんも余裕があったようですね?
> 子供にとって嬉しい対応でしたよね?

今は世知辛い世の中になってしまって
なかなか自分だけの判断で行動できない風潮があるようですね。



> お地蔵さんは子供好きですね!!!
> 別に拝むこともないが、懐かしさがあります~~

お地蔵さんを踏みつけて遊んでたんですから
私も罰当たりなことをしてましたーーー(^^;
2020-08-22 (Sat) 22:36 Web [ Edit ]
written by Taga-chan
かのぼんさん、
押せるものは全てポチッ~ポチッとしておきました。今晩は、先日は、返答ありがとうございました、定期的でありますが、また参上しました。Taga-chanです。。
実家が近いといいですね。私なんか母親がまだ一人で鹿児島にいます。コロナの影響でなかなか買えるのがむぅかしいですね。こちらから帰るとなんか言われそうだし。
京都もずいぶん変わったのでしょうね。古い写真を見ると何となく思います。町も変わっていくと思いますが、人の気持ちまで変わってほしくないですね。でも、これからですね。お互い頑張りましょう。
ところでまた、証拠にもなく、イタリアのRAVENNAという町の記事を書きましたので、時間があれば読んでコメントください。
タイトルはイタリアの観光名所紹介:RAVENNA編 Prat-1です。次回はその続編です。
http://lovelik-for-men.com/?p=37631
いつも応援しています。たまには、日本のことも掛けないかなって思っています。
2020-08-22 (Sat) 23:33 Web [ Edit ]
written by かのぼん
Taga-chanさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

> かのぼんさん、
> 押せるものは全てポチッ~ポチッとしておきました。

それはそれは、いつもありがとうございます!(^^)!



> 今晩は、先日は、返答ありがとうございました、定期的でありますが、また参上しました。Taga-chanです。。

こんばんは(^^)/ 
拙い当ブログにおつきあい
ありがとうございます!(^^)!


> 実家が近いといいですね。私なんか母親がまだ一人で鹿児島にいます。コロナの影響でなかなか買えるのがむぅかしいですね。こちらから帰るとなんか言われそうだし。

ほんと困ったご時世になりましたね
コロナが一日も早く収束して
お母さまがいらっしゃる鹿児島へ行けたらいいですのにね。


> 京都もずいぶん変わったのでしょうね。古い写真を見ると何となく思います。町も変わっていくと思いますが、人の気持ちまで変わってほしくないですね。でも、これからですね。お互い頑張りましょう。

子供の頃から考えると町もかなり変わったのですが
まだまだそのまま変わらない景色が残ってたのはうれしかったですね。
そうそう、ほんと心意気は今も昔も変わらないでいきたいですね(*^^)v


> ところでまた、証拠にもなく、イタリアのRAVENNAという町の記事を書きましたので、時間があれば読んでコメントください。
> タイトルはイタリアの観光名所紹介:RAVENNA編 Prat-1です。次回はその続編です。
> http://lovelik-for-men.com/?p=37631
> いつも応援しています。たまには、日本のことも掛けないかなって思っています。

左様ですか^^
また近いうちに是非訪問させていただくますね!
そして日本の記事も楽しみにしてますよー(*^^)v
2020-08-23 (Sun) 18:12 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/1318-f8e38d66