FC2ブログ
地元京都ネタ・鉄道ネタ などを中心に、その日思った事をブログってます!
餘部鉄橋




さて今回も前回に引続き 豊岡プチ旅シリーズ です 
(いつのまにかシリーズ化されて名前までついている 爆)

なんですがその前にいきなりクイズです! 

まず、豊岡駅で撮ったこの写真をご覧ください。


YK0_0159.jpg


何の変哲もない色違いの列車が
ただ並んで停車しているように見えますが
このオレンジ色の車両と緑色の車両
決定的な違いがあります!

さて何が違うのでしょうか~~~
答えは次回に!!
と言うほどの事でもないので 
最後に書きますね 




その事故は今から33年前の
昭和61年12月28日に起きました。


旧 餘部鉄橋
4_202007121128005b1.jpg


お座敷列車「みやび」の回送列車の客車7両が
この高さ40mもある鉄橋から強風に煽られ転落したのです。

橋の真下にあったカニ加工工場を押しつぶし
作業中の地元の女性従業員5人と
客車に乗車勤務していた車掌1人が亡くなられました。

回送列車でしたのでお客さんは乗車していなかったのと
牽引していたディーゼル機関車の運転士は転落を免れました。


6_20200712112803cb9.jpg


1912年(明治45年)3月1日に開通した鋼製トレッスル橋は
橋の長さ 310、6m  高さ 41、5m


2010年8月11日に現在の橋梁に変わりました。


現在の餘部鉄橋
9_20200712112807477.jpg


橋の下には慰霊碑が建立されています。


1988年(昭和63年)10月23日建立
7_20200712112804b18.jpg


忘れてはならないのが、この事故の後
運転士の上司が責任を感じて自ら命を絶たられています。


7名の方のご冥福をお祈りしてきました。


事故を風化させないためにでしょうか
旧橋梁や橋桁が3つ残されていました。


8_202007121128061a4.jpg


10_20200712112809908.jpg


事故が起きた時の風速は秒速33mだったそうですが
現在は風速20mでバスの代替輸送が行なわれているそうです。




てなわけでありまして、
私は餘部鉄橋しか見たことがなかったので
2010年に建て替えられた餘部鉄橋を見に行って来たんです 


11_2020071211283338e.jpg


高いでしょ 

この鉄橋上に駅があるんですよ 


11-2_202007121128352ea.jpg


昔は歩いて昇ってたらしいですが
現在は無料のエレベーターが設置されているので私でも大丈夫! 


ガラス張りだから ちょっと怖かった (^^;
12_20200712112836375.jpg


駅からの眺望は最高~ 


13_20200712112838e5d.jpg


右が現在の橋で左が以前の橋です。


14_20200712112839eda.jpg


結構怖いよ 


15_20200712112841976.jpg


怖いけどギリギリまで行ってみたくなるのよね 


16_20200712112842506.jpg


駅のベンチも鉄橋? 


18_202007121128454fb.jpg


鉄橋を走る列車の写真を撮りたかったのですが
なんせローカル線なんで本数が少ない 

それに何といっても現在私は仕事中! 

そんなわけで時間が取れなかったので
鉄橋上を走る列車はまた次回のお楽しみとして
帰路につきましたとさ 


しかしね、豊岡駅からここ餘部駅までの片道料金
680円なんですよね。


1_20200712112755e18.jpg


所要時間 1時間10分。

安いと思いませんか?
たった680円で1時間10分もローカル線を楽しめるんですよ。


ガラガラだから座り放題 (笑)

2_20200712112757433.jpg


絶叫マシーンだったら
1分ちょっと乗車するだけで1000円ぐらいしまっせ 

だはははは~! 
(ローカル列車内で絶叫すんなよ 爆)



さて今日は長くなりましたが
長くなりついでに冒頭のクイズの答えを書きますね 


YK0_0159.jpg


この2つの列車の違いでしたね 

答えは 動力 です。

右の緑の列車にはパンタグラフがついていますが
左の列車にはついてませーん!


0_2020071213501890a.jpg


って 小さくてわからへんわ! 

だはははは~! 


ですよね 

でも一応証拠に大きく撮っておいた写真を載せておきますね 


YK0_0160.jpg


したがって答えは 

左は汽車で右は電車でしたー 


YK0_0159.jpg


だはははは~! 


またこの 豊岡プチ旅シリーズ やりますね 




当サイト リンクフリー です!
もちろん 相互リンク 大歓迎で~す!
よろしくね!
 


ランキングに参加してます。
Ctrl コントロールキー を押しながら
3つ共クリック してもらえたら ウレシイです!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
関連記事
[ 2020-07-12 (Sun) 14:27 ]   Comment(26) / TrackBack(0)
   Category:鉄道
written by ピーちゃんこ
こんにちは。
餘部鉄橋の事故は、よう覚えてます。
強風が原因だったんですね。
自然の力は、もの凄いですね。
どんなに科学が発達しても豪雨には、負ける。
強風にもコロナにも勝てないのが辛いよね。
2020-07-12 (Sun) 16:44 Web [ Edit ]
written by みけ
やはり 餘部鉄橋でしたか…
あの時のニュースは
本当に 衝撃的でした…(´・ω・`)

昔の餘部鉄橋をも
今の餘部鉄橋も
実際には 見た事がないんですが
かのぼんさんの写真や
文を読んで 
行ってみたくなりました。

ガラス張りのエレベーターが
ちょっと怖そうですが
乗ってみたい気も むくむく(笑)

駅のベンチが 鉄橋なのも
洒落てますね(*´ω`*)


電車代が お安いのと
車内の感じもいいですね♪
プチ電車旅 楽しみたいなぁ~💕

電車クイズの答え
全く??でしたが
「動力」でしたか(゚Д゚)

いつか行った時
実際に確認できたら
いいな(*^^)
2020-07-12 (Sun) 16:59 Web [ Edit ]
written by トマトの夢3
かのぼんさん、こんにちは♪
プチ旅 いいですね~
いきなりクイズも珍しい~(笑)

パッと見 両者のライトの違い
赤はヘットライトが左上
緑は柱に隠れているのか 無い
真ん中のライトある
赤は無いはずはないけれど見えない

な~~んてね^^
2020-07-12 (Sun) 17:41 Web [ Edit ]
written by aishinkakura
かのぼん様
こんばんは。

悲惨な事故だったのですね。回送だったという
のが不幸中の幸いということでしょうか。
亡くなっている方がいるのに幸いでもありません。
運転手の上司が責任を感じて命をたったのですね。
どこかの国の総理大臣は責任を痛感している
と口では言いますが何もしません。
もう10回以上腹を切っていても良さそうなものです。

愛新覚羅
2020-07-12 (Sun) 19:25 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ピーちゃんこさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> こんにちは。

こんにちは(^^)/


> 餘部鉄橋の事故は、よう覚えてます。

衝撃的でしたね
私も車の中でラジオのニュースで知ったのですが
にわかに信じられませんでした。



> 強風が原因だったんですね。
> 自然の力は、もの凄いですね。

強風説や他にもいろんな説があるようですが
事故当時に強風が吹いてたことは事実のようです。


> どんなに科学が発達しても豪雨には、負ける。
> 強風にもコロナにも勝てないのが辛いよね。

自然の力には人間は到底太刀打ちできないですよね
それを知ったうえで自然と上手く付き合っていかなければなりませんね。
2020-07-12 (Sun) 20:20 Web [ Edit ]
written by かのぼん
みけさ~ん、いつもありがとさんでーす!^^

> やはり 餘部鉄橋でしたか…
> あの時のニュースは
> 本当に 衝撃的でした…(´・ω・`)

私はあのニュースを車の中のラジオで知ったんですが
最初は「はぁ? 鉄橋から列車が転落? 何それ?」
みたいな感じでにわかに信じられませんでした。
家に帰ってテレビでその惨事を目の当たりに見て
初めて衝撃の事実を知ったって感じでした。



> 昔の餘部鉄橋をも
> 今の餘部鉄橋も
> 実際には 見た事がないんですが
> かのぼんさんの写真や
> 文を読んで 
> 行ってみたくなりました。

鉄道で行くのは非現実的でしょうし
よかったら車で行かれたらどうでしょうか
舞鶴道の春日インターから無料の北近畿豊岡道の終点日高神鍋高原インターで降りて
あとは豊岡へ抜けて178号線を走れば行けますよ
鉄橋の下には178号線が走っていて道の駅や資料館等もあります。
どちらかと言うと車で行かれる人の方が多いようです。
片道3時間近くかかるから一日ドライブの覚悟が要りますけどね(^^;



> ガラス張りのエレベーターが
> ちょっと怖そうですが
> 乗ってみたい気も むくむく(笑)

このエレベーターで駅へ行けますし
餘部駅は無人駅なんで切符もなしでホームで列車が撮影できますよ^^


> 駅のベンチが 鉄橋なのも
> 洒落てますね(*´ω`*)

立ってるものは親でも使えの精神ですね(笑)


> 電車代が お安いのと
> 車内の感じもいいですね♪
> プチ電車旅 楽しみたいなぁ~💕

近くまで車で行って
短い区間を鉄道に乗る
ってのも良い手ですよ♪



> 電車クイズの答え
> 全く??でしたが
> 「動力」でしたか(゚Д゚)

あはは^^ そうなんですよ
別にどうでもええことなんですけどね(爆)



> いつか行った時
> 実際に確認できたら
> いいな(*^^)

電車と汽車の違い
それは車両の上にパンタグラフが有るか無いかで判断してください(*^^)v
2020-07-12 (Sun) 20:38 Web [ Edit ]
written by かのぼん
トマトの夢3さ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> かのぼんさん、こんにちは♪

トマトさん、こんにちは~♪


> プチ旅 いいですね~
> いきなりクイズも珍しい~(笑)

えへへ^^ 
たまにはいきなりクイズもいいでしょ^^


> パッと見 両者のライトの違い
> 赤はヘットライトが左上
> 緑は柱に隠れているのか 無い
> 真ん中のライトある
> 赤は無いはずはないけれど見えない
>
> な~~んてね^^

だはははは~!
たしかに言われてみればヘッドライトの位置が違いますね^^
答えは電車と汽車でしたー(^^;
そちらは汽車も結構沢山走ってますよね
汽車は情緒あっていいですよね(^_-)-☆
2020-07-12 (Sun) 20:43 Web [ Edit ]
written by reimi
かのぽんさん こんばんは~^^

9時間の空き時間を有効に使えて
行きたい所へも訪ねる事が出来て良かったですね。

日本海の青い海の近くでの悲惨な事故
自然の力の猛威を感じます。
特に、鉄道は大勢の人が乗車するので大きな事故につながりますね。


流石の鉄道マニア
私には赤と緑の色違いしか判りませんが^^;


2020-07-12 (Sun) 20:45 Web [ Edit ]
written by かのぼん
aishinkakuraさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

> かのぼん様
> こんばんは。

aishinkakura様 こんばんは(^^)/


> 悲惨な事故だったのですね。回送だったという
> のが不幸中の幸いということでしょうか。
> 亡くなっている方がいるのに幸いでもありません。

うかつに不幸中の幸いなんて言えませんが
たしかに回送列車だったというのは少しでもの救いですね・・・



> 運転手の上司が責任を感じて命をたったのですね。
> どこかの国の総理大臣は責任を痛感している
> と口では言いますが何もしません。
> もう10回以上腹を切っていても良さそうなものです。

だはははは~!
たしかに(^^;
まぁそれが政治家なんでしょう
今更信じることはできませんよね。


> 愛新覚羅

いつもありがとうございます。
2020-07-12 (Sun) 20:48 Web [ Edit ]
written by 桜ようかん
かのぼんさん こんばんは(#^.^#)

前回のバスの記事も楽しかったです♪♪
豊岡は、カバンで有名ですよね(*^▽^*)
150キロの道のりは、キツイですね💦
今回は、待機時間を使ってのバスの旅♪♪
楽しく読ませていただきました☆
太川さん蛭子さんのバス旅テレビは、録画してよく観るもので(#^.^#) 時刻表、本数が少ないので
乗り遅れたら次まで大変です~~!!
それが、バス旅の面白いところかも知れません。

今回は、ローカル電車の旅♪♪
こちらも好きな企画です(#^.^#)
問題の答え、電車と汽車があったとは、
最後まで気が付きませんでした~!!

40メートルの高さの鉄橋、すごいですね!!
鉄橋の長さもスゴイ!!引きの写真で見ても
高さが伝わり怖いです(;'∀')

痛ましい事故もあったとかで、、、
強風で、まさか そのような事が起こるなんて
思いもしませんよね。
2020-07-12 (Sun) 20:48 Web [ Edit ]
written by ぶらっくこーひー
かのぼ~んさん こ~んばんは~~

プチ旅行シリーズ、楽しいですね~~
余部鉄橋の事故、考えたらこの時ぐらいから
気候が変わったように思います。
長い間事故が無くて安全だったのに~~

空の駅、40m、高いですね~~
でも、ちょっと覗いて見たいです!!
ガラス張りのエレベーターも乗ってみたいな~~

景色も良いですし~~

最初の写真、パンタグラフがあるのと無いのとの違いですね?
かのぼんさんのお陰で判る様になりましたよ~~

2020-07-12 (Sun) 21:35 Web [ Edit ]
written by かのぼん
reimiさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぽんさん こんばんは~^^

reimiさん こんばんは(^^)/


> 9時間の空き時間を有効に使えて
> 行きたい所へも訪ねる事が出来て良かったですね。

寝るといっても9時間も寝てられませんしね
もうそれは仮眠と言えないですよね(^^;
ええ暇つぶし方法を見つけました(^^;


> 日本海の青い海の近くでの悲惨な事故
> 自然の力の猛威を感じます。
> 特に、鉄道は大勢の人が乗車するので大きな事故につながりますね。

こういう山間の絶景な場所は
逆に天候が荒れると豹変しますから怖いですね・・・



> 流石の鉄道マニア
> 私には赤と緑の色違いしか判りませんが^^;

あはは^^
いや別に鉄道マニアって程ではないんですが(^^;
電車と汽車の見分け方として
参考までに覚えといていただけたらうれしいです(^^;
2020-07-12 (Sun) 22:06 Web [ Edit ]
written by かのぼん
桜ようかんさ~ん、いつもありがとさんでーす!^^

> かのぼんさん こんばんは(#^.^#)

桜ようかんさん こんばんは(#^.^#)


> 前回のバスの記事も楽しかったです♪♪
> 豊岡は、カバンで有名ですよね(*^▽^*)

いつも過去記事までおおきにね💛
お! 桜ようかんさんは豊岡がカバンの街ってご存じやったんですねー
さすが~~~(*^^)v


> 150キロの道のりは、キツイですね💦

往復300㎞ですからね
大変だけど慣れました(^^;



> 今回は、待機時間を使ってのバスの旅♪♪
> 楽しく読ませていただきました☆
> 太川さん蛭子さんのバス旅テレビは、録画してよく観るもので(#^.^#) 時刻表、本数が少ないので
> 乗り遅れたら次まで大変です~~!!
> それが、バス旅の面白いところかも知れません。

桜ようかんさんも太川陽介さんのバス旅番組
見たはるんですねー(^^)/
北海道でも流れてるんだ!(^^)!
もし私がタレントだったら喜んであの番組に出ますよ(笑)



> 今回は、ローカル電車の旅♪♪
> こちらも好きな企画です(#^.^#)

桜ようかんさんは結構鉄子さんやもんね(爆)


> 問題の答え、電車と汽車があったとは、
> 最後まで気が付きませんでした~!!

にゃはは^^
それがどうした? みたいなクイズですが(笑)
そちらは汽車が絵になる街ですよねー♪


> 40メートルの高さの鉄橋、すごいですね!!
> 鉄橋の長さもスゴイ!!引きの写真で見ても
> 高さが伝わり怖いです(;'∀')

山と山との間にある鉄橋だから
日本海から吹く風が半端ないんでしょうね・・・



> 痛ましい事故もあったとかで、、、
> 強風で、まさか そのような事が起こるなんて
> 思いもしませんよね。

いろんなミスや思い違い等が重なって起きた
大変不幸な事故でした。
二度と起きてほしくないですね。
2020-07-12 (Sun) 22:19 Web [ Edit ]
written by かのぼん
ぶらっくこーひーさ~ん、いつもありがとさんねー!^^

> かのぼ~んさん こ~んばんは~~

よ~~うちゃ~ん こ~~んばんは~~(^^)/


> プチ旅行シリーズ、楽しいですね~~
> 余部鉄橋の事故、考えたらこの時ぐらいから
> 気候が変わったように思います。
> 長い間事故が無くて安全だったのに~~

ここ近年、50年に一度の
なんて事故が相次いでますが
この時期あたりから自然は少しずつ私達人間に
警告を発していたのかもしれませんね・・・



> 空の駅、40m、高いですね~~
> でも、ちょっと覗いて見たいです!!
> ガラス張りのエレベーターも乗ってみたいな~~
> 景色も良いですし~~

なかなか迫力ある駅でしょ^^
1時間に1本あるかないかの無人駅なんですが
一度ぐらい行ってみる価値ある駅だと思います^^
そちらにもそういう情緒ある駅が沢山ありますよねー!(^^)!



> 最初の写真、パンタグラフがあるのと無いのとの違いですね?
> かのぼんさんのお陰で判る様になりましたよ~~

汽車と電車の見分け方です~~
でもこんなん知ってても何の役にも立ちませんけどね?
だはははは~!(^^;
2020-07-12 (Sun) 22:27 Web [ Edit ]
written by あとほ
おはようございます^-^
やはり餘部鉄橋でしたね!
思っていた通りです。
コンクリートになって丈夫にはなったかもしれませんが
絵的には風情がなくなりましたね。
でも風がある時はあの上の方はスゴイでしょうね~
2020-07-13 (Mon) 07:54 Web [ Edit ]
written by イヴまま
こんにちは かのぼん師匠ーー
痛ましい事故があったのですね。
観世音菩薩様の姿から
周りの方々の想いが伝わってきます。


空の駅!!
高いところ大好きなワタクシ
行ってみたいです。
誰もいない客車の中もいいですね。
あっちに座ったり
こっちに座ったりしたい( ´艸`)
2020-07-13 (Mon) 16:42 Web [ Edit ]
written by ami
かのぼんさん

悲しい事故があったのですね。
小さな町は、誰もがみんな知っているので、
町全体も、どんなに大きな悲しみに包まれた事でしょう。

40m、、、高い!
見晴らしは素晴らしいけれど、ちょっと怖そうですね。
お空に行かれた方々は、ずっと見守ってくれている事でしょう。
電車とm汽車!
どこを見ても、気がつかなかったです。


2020-07-13 (Mon) 17:41 Web [ Edit ]
written by かのぼん
あとほさ~ん、まいどありがとさんですー!^^

> おはようございます^-^

おはようございます(^^)/


> やはり餘部鉄橋でしたね!
> 思っていた通りです。

はい! さすがあとほさん^^ 大正解でしたー!(^^)!


> コンクリートになって丈夫にはなったかもしれませんが
> 絵的には風情がなくなりましたね。

全く仰る通りですね
餘部鉄橋のような昔ながらの橋梁は減ってく一方でしょうね・・・



> でも風がある時はあの上の方はスゴイでしょうね~

今回行った時は穏やかな天候で気持ち良かったけど
真冬の雪が深い時は駅に立っていられないでしょうね。
2020-07-13 (Mon) 22:21 Web [ Edit ]
written by かのぼん
イヴままさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> こんにちは かのぼん師匠ーー

こんにちは きゃわいい愛弟子さん(^^)/


> 痛ましい事故があったのですね。
> 観世音菩薩様の姿から
> 周りの方々の想いが伝わってきます。

いろんなミスが重なって起きた事故と聞いています。
あの頃より情報システム等は格段に良くなってるとは思いますが
やはり最終的には現場の人間の判断が一番だと思います。



> 空の駅!!
> 高いところ大好きなワタクシ
> 行ってみたいです。

にゃははは~^^
高いとこ大好き人間でしたよね♪
でもこけないように注意するんですよ
シャレになりませんからね(^^;



> 誰もいない客車の中もいいですね。
> あっちに座ったり
> こっちに座ったりしたい( ´艸`)

でしょでしょー^^
あっち座ったりこっち座ったりして
写真を撮ってました(*^^)v
2020-07-13 (Mon) 22:28 Web [ Edit ]
written by かのぼん
amiさ~ん、いつもありがとさんでーす!^^

> かのぼんさん
> 悲しい事故があったのですね。

当時この事故の第一報は
車の中のラジオのニュースで知ったのですが
にわかに信じられませんでした。
それくらい衝撃的な事故でした。



> 小さな町は、誰もがみんな知っているので、
> 町全体も、どんなに大きな悲しみに包まれた事でしょう。

犠牲者のほとんどが地元の主婦のパートさんだったんです。
その町の悲しみは想像もできません。


> 40m、、、高い!
> 見晴らしは素晴らしいけれど、ちょっと怖そうですね。

行った時は夏の穏やかな季節だから気持ちよかったけど
真冬は豪雪地帯ですからね
吹雪で駅に立ってなんかいられないでしょうね・・・



> お空に行かれた方々は、ずっと見守ってくれている事でしょう。

観音様と一緒に見守ってくれてる事でしょう。


> 電車とm汽車!
> どこを見ても、気がつかなかったです。

まぁね、こんなん知ってても何の得にもなりませんけどね。
だはははは~!(≧▽≦)
2020-07-13 (Mon) 22:35 Web [ Edit ]
written by 桃咲マルク
昭和33年の事件全く知りませんでした💦
昭和61年か・・・
もしかして生まれてなかったのかな(←オイオイw)(←自分でつっ込んでおきました^^;)

いや、そんな事書いている場合違いますね💦
なんと大変な事故があったんですね。
でも、橋の上を通る時確かに怖いですね。もし落ちたらと思うと。
その上、運転士さんの上司の方が亡くなられたなんて悲しいことです。
こういう事故は、いたたまれないですね。

鉄橋の上の駅。ほんと高い。下から見上げる構図もナイスですね。
たいてい上から撮る場合がおおいですもんね。これは上から撮れないか^^;

ガラス張りの高いところは、全く平気になりました^^
(マンションが,ガラス1面の窓があって、床も下が見えるので
慣れてしまいました^^;)慣れるとは怖いことです。

駅のベンチも鉄橋なんですね。あのジュースはかのぼんさんの?

でも仕事中に、空いた時間にこうして小旅行件、ブログ記事に~と
一石三鳥?ですね。680円もお安い!
動力、パンタグラフ~いやいつも見ない部分だわ^^;
やはり電車を愛する方は、こういう部分をよく見てられるわ(*^v^♡♥)
汽車って響き好きなんですよ。夜汽車って言葉も素敵ですよね♪ヽ(^∇^*)ノ*:・'゚☆
今度夜汽車からの小旅行書いてくださいなぁ^^
でも汽車ってまだ走っていたんですね。もう今は無いものだと思っていました💦
2020-07-14 (Tue) 20:54 Web [ Edit ]
written by 桃咲マルク
上から撮れないですね。
って真下の景色っていう事を書きたかったんです。
パスワード入れてないのか編集できずで💦すみません。
2020-07-14 (Tue) 20:57 Web [ Edit ]
written by かのぼん
マルクさ~ん、いつもおおきにどすえー!^^

> 昭和33年の事件全く知りませんでした💦
> 昭和61年か・・・
> もしかして生まれてなかったのかな(←オイオイw)(←自分でつっ込んでおきました^^;)

昭和33年だったら私もまだ生まれてませんわ(^^;
昭和61年でまだ生まれてなかったら
息子さんの年齢がつじつま合わへんやん?
だはははは~!
(一応礼儀なんでツッコミ入れときます 笑)


> いや、そんな事書いている場合違いますね💦
> なんと大変な事故があったんですね。
> でも、橋の上を通る時確かに怖いですね。もし落ちたらと思うと。
> その上、運転士さんの上司の方が亡くなられたなんて悲しいことです。
> こういう事故は、いたたまれないですね。

連絡ミスや風速の計測違い等
いろんな原因が複雑にからみあって起きた事故なんだそうですが
運転士さんは重いディーゼル機関車だったから転落を免れたんですね
それは良いことなんだけど
上司が運行を続行させたことに責任を感じて自決されたそうです。
ほんと痛ましい事故です。



> 鉄橋の上の駅。ほんと高い。下から見上げる構図もナイスですね。
> たいてい上から撮る場合がおおいですもんね。これは上から撮れないか^^;

今だったらドローンとか使ったら撮れるかもね^^


> ガラス張りの高いところは、全く平気になりました^^
> (マンションが,ガラス1面の窓があって、床も下が見えるので
> 慣れてしまいました^^;)慣れるとは怖いことです。

え? 下まで見えるんですか?
それはすごい(@_@)
ただならぬマンションにお住みですな(笑)


> 駅のベンチも鉄橋なんですね。あのジュースはかのぼんさんの?

はい。 私の三ツ矢サイダーです(爆)
やはりあなたはそこにツッコミ入れてくれたか(笑)
おおきに(^^;
これ、誰も突っ込んでくれへんだんよ
寂しかったけどあなたのおかげで救われたわ(爆)



> でも仕事中に、空いた時間にこうして小旅行件、ブログ記事に~と
> 一石三鳥?ですね。

あはは^^
たしかにブログネタにもなって一石三鳥ですわw


> 680円もお安い!

遊園地の乗りもんより
よっぽど安うて楽しいわ(笑)



> 動力、パンタグラフ~いやいつも見ない部分だわ^^;
> やはり電車を愛する方は、こういう部分をよく見てられるわ(*^v^♡♥)

いえ
別に電車を愛してるわけではないんですけどね(爆)



> 汽車って響き好きなんですよ。夜汽車って言葉も素敵ですよね♪ヽ(^∇^*)ノ*:・'゚☆
> 今度夜汽車からの小旅行書いてくださいなぁ^^

昔の歌にはよく「汽車」って出てきましたよね
♪ 汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる ♪
♪ 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ♪
♪ 花嫁は夜汽車に乗って嫁いでいくのよ ♪

情緒あっていいですよね(^_-)-☆


> でも汽車ってまだ走っていたんですね。もう今は無いものだと思っていました💦

たしかに都会では減ったけど
田舎に行けばまだまだ汽車は主流ですよ(*^^)v
2020-07-14 (Tue) 22:24 Web [ Edit ]
written by かのぼん
マルクさ~ん、2回目おおきにどすえー!^^

> 上から撮れないですね。
> って真下の景色っていう事を書きたかったんです。
> パスワード入れてないのか編集できずで💦すみません。

あはは^^ わざわざおおきに!(^^)!
でもマルクさんがパスワード入れてないって
めずらしくない???
2020-07-14 (Tue) 22:26 Web [ Edit ]
written by なごみん
かのぼんさん、こんばんは~

餘部鉄橋の事故、ありましたね
鉄道に関する事故も、そこを通るたびに
心痛いですね

お写真、ちゃんとわかりましたよ
パンタグラフ
かのぼんさんの教育のおかげかしらん(笑)
子どもの頃は、四国の田舎に帰ると
まだ電車になってなくて、汽車って
呼んでましたね

卵買いに養鶏場に行くような時代でした


2020-07-14 (Tue) 23:27 Web [ Edit ]
written by かのぼん
なごみんさ~ん、いつもありがとさんですー!^^

> かのぼんさん、こんばんは~

なごみんさん、こんばんは(^^)/


> 餘部鉄橋の事故、ありましたね
> 鉄道に関する事故も、そこを通るたびに
> 心痛いですね

当時私は車の中のラジオで一報を知ったのですが
最初は「え? 列車が鉄橋から転落? 何それ?」
てな感じでにわかに信じられませんでした。


> お写真、ちゃんとわかりましたよ
> パンタグラフ
> かのぼんさんの教育のおかげかしらん(笑)

あはは^^
これからも一生懸命鉄の勉強するんですよ(笑)



> 子どもの頃は、四国の田舎に帰ると
> まだ電車になってなくて、汽車って
> 呼んでましたね

私も岐阜の田舎へ連れて帰ってもらう時
汽車に乗って岐阜に行く
と言ってました。
今から考えたら東海道線だから電車だったんだけどね(^^;



> 卵買いに養鶏場に行くような時代でした

(@_@) そうなんだ!
それもすごいな・・・

2020-07-15 (Wed) 12:30 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tabitabi1227.blog.fc2.com/tb.php/1308-47f081b1